「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」読解力を身に付ける ~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

中学生

「ウォーターシップダウンのうさぎたち」それはまさにうさプリ~新・うさぎの王子様!

刀剣男子顔負けのかっこよさ、硬派なイケメンうさぎたちのロードムービー・ストーリー

キプリング「ジャングル・ブック」 あなたの推しを見つけよう

熊のバルー、黒豹のバギーラ。ニシキヘビのカーや悪役シーア・カーン。あなたはどれを推しますか?

「がんばれヘンリ―くん」手に取りにくい、それでも読んで欲しい。

抱腹絶倒、爆笑ものの一冊、「がんばれヘンリ―くん」

「チポリーノのぼうけん」 生きて泣いて笑う悪役

既得権益をぶったおせ!たまねぎ少年チポリーノとそのゆかいな仲間たち。冒険と戦いへのいざない。

「銀のほのおの国」神沢利子 ~ゲーム好きの子に捧ぐ~

ストーリー性の強い、非常にすぐれた日本製ファンタジー児童文学の決定版。

映画の世界から、「メアリー・ポピンズ」の哲学の世界へ

映画とは違って、厳しく笑わないナースのメアリー・ポピンズ。その原作の世界とは…