「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊

大人が読む児童書「算数の先生」 3 華麗なる大正女子のガチバトル

この学校では、女子と男子は別クラスで分けられています。時代を感じます。そして、女子ターンが格段に面白いです。

大人が読む児童書「算数の先生」 2 昭和3年=ほぼ大正時代

もう、全篇がすべてネタです。ネタ満載です。

大人が読む児童書「算数の先生」 1 57年前+35年前の本に震撼

母が妹と楽しく読書だ本だとキャッキャとやっているのを、兄のなご助くんは一体どう見ているのだろうか。

児童書ピックアップ【固定記事】

これまでの記事から、このブログで今までおすすめした本を、ランダムでピックアップしてみました。

今日の一冊「くわずにょうぼう」 コスト削減、人件費削減を家庭に持ち込む落とし穴

うつくしいにょうぼうから、たちまち正体を現したおにばば。それはそれは、すさまじい怖さです。

今日の一冊「どんぐりむらのどんぐりえん」 理想的な子ども園のすがた

どんぐりたちのこども園での生活を描いた絵本です。

今日の一冊「ジオジオのかんむり」 その心は煉獄さん

煉獄さんのお母さん「弱き人を助けることは、強く生まれた者の責務です」

大人が読む児童書「オンネリとアンネリのふゆ」 2 読了 小人たちとの素敵な暮らし

この本のほとんど、といっていいほどのページが、「小人たちとの素敵な暮らし」の描写です。

再読「エルマーのぼうけん」読了 3 ハラハラするRPG展開。案外(かなり)ひどいどうぶつたち

訳されたのは渡辺茂男さん。平易でユーモラスな、すばらしい語り口の翻訳者さんです。

再読「エルマーのぼうけん」 2 ねこの説明、カラフルで芸術的な挿し絵の魅力。

小さい頃に、読み飛ばしていた「ねこの説明」をきちんと読んでみました。

再読「エルマーのぼうけん」 1 面白いのに少し難しい導入

ねことの友情が、エルマーを不思議な冒険にさそいます。

今日の一冊「くまのがっこう ジャッキーのうんどうかい」

11ぴきのおにいちゃん!1ぴきでも手に余るのに、11ぴき。

オーノワ夫人「青い鳥」5 バレエ「ブルーバード」の結末をさっくりと

後半は、もしかするとバレエの青い鳥のあらすじを調べてここにたどり着いた方のために、ざっくりの説明にしておきます。

オーノワ夫人「青い鳥」4 魔女と魔法使い

面白いのが、魔女や魔法使いの関係性です。

オーノワ夫人「青い鳥」3 バレエ「ブルーバード」の衣装の羽

「頭の上には、王冠のい冠毛がはえ」のところが、バレエで有名なあの、「ブルーバード」の衣装の頭についている羽のことだと思います。

オーノワ夫人「青い鳥」2 フロリーヌ姫=フロリナ王女

花の女神フローラに似ているとのことでフロリーヌ。15歳です。

ふりがなについて悩む、川端康成大先生 「世界少年少女文学全集」の≪ふろく≫

あけましておめでとうございます。今年も児童書推しをしていきたいので、どうぞよろしくお願いいたします。

オーノワ夫人「青い鳥」1 バレエ「ブルー・バード」の元ネタ

バレエの観劇をする機会があったので見に行ってきました。

刃牙顔負けのバトルと煽り キプリング「リッキ・チッキ・ターヴィー」2

イメージがあってるのかわからないんですけど、私はここで刃牙(バキ)を思い出しまし

コブラとマングース キプリング「リッキ・チッキ・ターヴィー」1

コブラとマングースの戦いの映像をニュースで見つけて、おお!となりました。

大人が読む児童書「宝島」 4 読了 冒険小説の神髄

この本の魅力は、シルヴァーとジムの奇妙な関係です。

大人が読む児童書「宝島」 3 生きるか死ぬかに子どもかどうかは関係ない

戦いの描写が、その場にいたんかい!というほどリアルです。弾が飛んでくる音まで聞こえそうなほどです。

大人が読む児童書「宝島」 2 本当に怖いのは、愛想がよくて感じのよい人

シルヴァーの恐ろしさが身に染みるのは、どちらかというと大人になって読んでいる今の方です。

大人が読む児童書「宝島」 1 やはり「船」は面白い

今更の宝島です。でも、本当にしっかり最初から最後まで、再読したことがあっただろうか?

妹子が読む「写楽暗殺」

ここのところ毎日、「写楽暗殺」にかかりきりになっていたので、妹子が「それ、面白いの?」と聞いてきました。。

今日の一冊「魔法の庭ものがたり9 フェアリーたちの魔法の夜」

偏見かもしれませんが、女子向けの方が「シリーズ小説」は充実している気がします。

大人が読む児童書「写楽暗殺」4 めくるめく伝統芸能の世界2

次第にわかってくるのは、このお話は写楽のお話だったということです。

大人が読む児童書「写楽暗殺」3 めくるめく伝統芸能の世界

絢爛豪華な文化芸術が、ミステリーな事件と、追われる子供たちの話のところどころにはさまれていて、まるで絵巻物を見ているかのようです。

今日の一冊「子うさぎましろのお話」

名前も可愛いし、絵も可愛い、とても可愛い絵本です。

大人が読む児童書「写楽暗殺」2 あれ、私たち入れ替わっちゃったぁ~?

江戸時代に飛ばされたのみならず、性別も入れ替わった。 そして出て来る女の子…!