「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊

今日の一冊「リディアのガーデニング」

手紙形式で、しかも絵本という珍しさです。 手紙型の子ども向け(?)の本というと、「あしながおじさん」を思い浮かべますが…。

今日の一冊「チョコレート戦争」ふたたび

最近、子どもがお友達と再読をはじめました。その結果、以前よりもハマってしまって、毎日毎日これの話をしてきます。 まるで鬼滅の刃のようです。

つるばら村シリーズ「はちみつ屋さん」「パン屋さん」

つるばら村シリーズ、私は実は「はちみつ」しか読んだことがないのです。 最初に買うとしたら絶対にパン屋さんを選びます。

今日の一冊「マチルダは小さな大天才」

子どもがガッと食い付く本です。 面白い面白いと、次々に先を読んでしまいます。

今日の一冊「三びきのやぎのがらがらどん」「3びきのかわいいオオカミ」

どちらにも言えるのは 悪役の絵づらがとにかく、ものすごく凶悪 ということです(笑)

今日の一冊「かるいお姫さま」(「ふんわり王女」)

最初に読んだのがアール・ヌーヴォー風のの挿絵がついたとても美しいものでした。 設定にもとてもひかれました。

今日の一冊「おおきな木」

与える喜びを教える本です。 愛することとは、を考えさせられます。

大人が読む児童書「チベットのものいう鳥」4 読了です。

娘「あれだけ大変だったのに、結末が2ページだよ、2ページ!!」

大人が読む児童書「チベットのものいう鳥」3

「5.金沙江の女軍」 これが筆頭で一番個性的で素敵な物語です。この一篇のためだけにでも、買いたいと思いました。

大人が読む児童書「チベットのものいう鳥」2

72日間歩き続けて沼地にたどり着き、毒龍がいてさらに108日間歩き通してムカデが出て…。

大人が読む児童書「チベットのものいう鳥」1

ずっとずっと、何度も何度も借りよう借りよう、読もう読もうと思っていた本です。

今日の一冊「チロヌップのきつね」

チロヌップの狐の話は、ごんぎつねと同じかそれ以上に号泣してしまうお話です。

今日の一冊「森は生きている」

サムエル・マルシャークの超有名な戯曲です。 子どもを演劇の魅力の世界に運ぶには、実にぴったりの一冊です。

今日の一冊「どんなにきみがすきだかあててごらん」

やさしい、やさしい、絵本です。 だいすきな気持ちがいっぱな本です。

今日の一冊「おんがくかいのよる 5ひきのすてきなねずみ」

読み聞かせの中では定番です。 「ああ、『おんがくかいのよる』ね!」 とよく言われます。

今日の一冊「ウミネコとヤマネコ」

この本、わたしは大好きです。心に残りました。 包み込まれるようにあたたかく、優しい世界です。

今日の一冊「海のおばけオーリー」

この本、なかなか装丁が面白く、真っ赤な背景に真っ黒なオーリーがぬっと海から首を突き出しているので、いかにもおばけな感じです。

今日の一冊「みんなうんち」

おなら、うんち…下ネタは下級生の子供たちに大人気です! (残念ながら、と言うべきなのかどうなのか、上級生にも大人気です)

今日の一冊「スザンナのお人形・ビロードうさぎ」

この一冊には二つお話が入っていますが。「スザンナのお人形」も、「ビロードうさぎ」もどちらも、単独であってもまったく力を失わない、とても印象的なお話でした。

トム・ソーヤーのゲス男認定はJARO案件か?

果たしてトム・ソーヤのエミーに対するゲス的裏切り行為は、子供向けの本ではいったいどう訳されてるのか?を考察してみました。

今日の一冊「点子ちゃんとアントン」

ケストナーの傑作です。 主人公の点子ちゃんは本当に変わった子です。

今日の一冊「ばばばあちゃんのマフラー」

「ばばばあちゃん」のお話はどれも、ばばばあちゃんの台詞で成っていますが、それがうたうように、詩のように言葉がつづられていきます。

今日の一冊「どろんこハリー」

これも本当に長い長いロングセラーですが、何度でも手に取ってしまう魅力のある本です。

今日の一冊「百まいのドレス」

「岩波の子どもの本」シリーズは本当に名作ぞろいでした。 これもその中の一冊です。以前は「百枚のきもの」という名前でした。

今日の一冊「宝島」

スティーブンソンの「宝島」は、とてもさまざまなバージョンが出ています。 というのも、原作はなかなかにものすごく硬派なのです!!

今日の一冊「やかまし村の子どもたち」

この「やかまし村」ごく普通の田舎の村の、ごく普通の子どもたちの日々のたわむれが、まったりと描かれています。

今日の一冊「小さなスプーンおばさん」

このスプーンおばさんのアニメを知っている子など全くいないかもしれない時代になってしまいましたが、原作の「スプーンおばさん」はまだ売られています!

今日の一冊「バムとケロのにちようび」

今日は日曜日ですし、みんな大好きバムケロの一冊です。 バムケロはどれも好きですが、特にこの一冊が大好きです。

今日の一冊「ともしびをかかげて」

これはお恥ずかしながら、 ずーーっと読んだことがなくて、最近になってやっと読みました。 おとなでも読み応えのある、すばらしい作品でした!

今日の一冊「コッペパンはきつねいろ」

「モモちゃん」シリーズを書いた、松谷みよ子さんの「幼児用の児童書」です。