~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「がんばれヘンリーくん」

 

今日、ご紹介するのは児童書です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作カテゴリーリンク

>今日の一冊 軽くご紹介 カテゴリーリンク

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

がんばれヘンリーくん (ゆかいなヘンリーくん 1) 

ベバリイ クリアリー (著), ルイス ダーリング (イラスト)

ヘンリーくんは小学三年生。どこにでもいる、ごくふつうの男の子です。ある日、街角でやせこけた犬を拾い、こっそりバスに乗せて家までつれて帰ろうとしましたが、とちゅうで犬があばれだして大さわぎに…。それいらい、ヘンリーくんのまわりでは、次つぎにゆかいな事件がおこります。小学校中学年から。(「BOOK」データベースより)

 

 

長文記事で一度ご紹介した「がんばれ ヘンリーくん」

 

家の中に開いたまま置きっぱなしにしてあったので、ちょっとめくりました。

 

1ページ目はこんなものかという感じです。
3ページ目から、口元がゆるんで笑顔になっていました。

 

「ヘンリー!」おかあさんは大声でさけびました。「おまえどうかしたんじゃないの?」
「どうもしやしないよ」ヘンリーも、大声で返事をしました。
おかあさんって、どうしてああいつもいつも、ぼくになにかあったんじゃないかって思うんだろう。

 

本当に、親というのはいつも子供に何かあったんじゃないかと思っているものです。

 

 

5ページ目ではもう、涙を流して笑っていました。
何度読んでも、やっぱり面白い本です。

 

いぬのアバラーが本当にかわいくて面白いです。

 

 

 

英語版ヘンリーくん

  

Henry Huggins (Henry Huggins series Book 1) (English Edition)

Kindle版 Beverly Cleary (著), Tracy Dockray (イラスト)

 

 

  

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

地底旅行 みどりのゆび 第九軍団のワシ
だれも知らない小さな国 子うさぎましろのお話 もこ もこもこ
北極のムーシカミーシカ 14ひきのあさごはん サリーのこけももつみ

 

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング