「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「ふしぎなかぎばあさん」

 

今日、ご紹介するのは児童書です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作カテゴリーリンク

>今日の一冊 軽くご紹介 カテゴリーリンク

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

ふしぎなかぎばあさん
手島 悠介 (著), 岡本 颯子 (イラスト)

広一はかぎっ子。算数のテストが35点で大ショック。おまけに学校から帰ってきてかぎがないことに気がつきます。そこに……。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

鍵っ子が鍵をなくした!
家に入れない!

 

これは大変なことです。

 

そこに現れたあやしげなおばあさん。
広一くんはおもいっきり警戒します。

 

いや、それでいいんだよ、広一くん。
あなたは正しい。疑ってみないと。
しかし、じゃらじゃらとたくさんの鍵がついた鍵束を持ったおばあさんは、何と広一くんの家の鍵を開けてしまいます!

 

この本がいまだに売られていること、評価の高さもうなずけます。

この絵を見ただけで、あの読んだ時のドキドキ、怪しげなおばあさんの作ったポークソテーを思い出します。
ものすごく、おいしそうです。

 

大人になってみてはじめてわかる、児童書にこめられていた思いがあります。

 

広一くんは今ならば、学童さんに預けられているであろう、働いているお母さんを持つ子供です。

有名な「モモちゃん」シリーズは、あの時代にして、離婚やシングルマザーを扱っています。

 

これらの児童書は、そんな大人不在の子供たちの心の隙間に寄り添うものでした。

もちろんYoutubeやゲームも時代の流れ、逆らえませんけれども…。

 

このような児童書に触れることもやっぱりして欲しい。
そんな風に思います。 

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

シートン動物記 全8巻+別巻 9冊セット トムは真夜中の庭で 長い長いお医者さんの話
イワンのばか ぜったいがっこうにはいかないからね 世界むかし話集5東欧・古代編
おおきな木 大どろぼうホッツェンプロッツ ぞうのたまごのたまごやき

 

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング