~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「はれときどきぶた」

 

お天気が晴れ、雨、晴れと交互に続きますね。
今日、ご紹介するのは、かなりしっかりした「本型の絵本」です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作カテゴリーリンク

>今日の一冊 軽くご紹介 カテゴリーリンク

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

はれときどきぶた

矢玉 四郎 (著, イラスト)

130万部突破のベストセラー!!毎日日記をつけている則安君は、ある日お母さんに日記を盗み読みされてしまいます。則安君は、お母さんをおどろかそうとでたらめなことを日記に書くことに。「お母さんがえんぴつをてんぷらに」 「金魚がへやをとびまわる」…。ところが、書いたことがすべて現実に! ある日「ぶたがふりました。」と日記に書いたらそれも本当になってしまい…。

 

 これは、おしりたんていよりはもう少し字の多い、とても楽しい物語です。

 

主人公のはたけやまのりやす

(このいかにもいそうで大真面目な名前がまた笑えます)

 

お母さんが自分の日記を見てるのではないか?という疑念にかられます。

 このお母さん、日記を読んでいなければ出ないせりふをぽろっと息子に吐くのです。

 

親子で腹の探りあいです。

 

ついにはたけやまのりやす君はお母さんが日記を盗み読みしている現場を押さえます。

 

しかしお母さんはしれっとしたもの。
のりやす君は怒りといらだちにかられ、日記に奇想天外なことを書きつけます。

 

えんぴつをてんぷらにしたと言えば、お母さんはすずしい顔でえんぴつのてんぷらをお父さんに食べさせます。

 

何かおかしいと思わないのか?
のりやす君は、これがあくまでお母さんのしれっとした反抗のあかしだと信じて疑わず、日記の奇想天外さはヒートアップしていきます。

 

…もはやのりやす君が何と戦っているのかわからないです。

 

テンポがよく、ユーモアにあふれていて、幻想と空想の境目なくどこまでも広がっていく。

 

装丁もしっかりしていて、ハードカバーのいかにも「本!」といった本なので、書籍になれる一冊としてとてもよいと思われます。

 

 

 

 

 

 ( ´(00)ˋ )

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

西遊記 なぞなぞのすきな女の子 シートン動物記 全8巻+別巻 9冊セット
かあちゃん取扱説明書 世界むかし話集3北欧・バルト編 まいごに なった セレスティーヌ
ものすごくおおきなプリンのうえで 飛ぶ教室 ドリトル先生アフリカゆき

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング