~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「たんたのたんけん」

通常モードに戻して、今日ご紹介するのは、かなりしっかりしたページ数の多い、「本型の絵本」です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

たんたのたんけん

中川 李枝子 (著), 山脇 百合子 (イラスト)

八月二十九日はたんのたんたの誕生日です。と、どこからかふしぎな地図がまいこみました。矢印や△じるしの書いてある、たんけん地図のようです。さっそく、たんたはたんけんに出発です。すると、どこからか、へんなひょうの子があらわれて……。

 

 絶対的安定感の黄金コンビ、中川 李枝子さんと山脇 百合子さんの姉妹による作品です。

 

ぐりとぐら」シリーズが一番メジャーで、幼児用のかんたんな絵本もらくさん出ていますが、どこかで少しずつ長い物語に移行していくことも意識していくとすると、「たんたのたんけん」は最適です。

 

なにより面白い!
最初のページから面白いです。

誕生日を迎えたたんたは、家の窓を大きく開いてばんざい!とさけびます。
元気いっぱいの男の子、この本は元気でやんちゃな男の子が主人公です。

 

ありえなさすぎる世界に、すうっと運ばれていくのがじつにうまいです。
とつぜんひょうの子供が出てきても、ちっともびっくりしたり、変とは思いません。

 

しかもこのひょうの子供のバリバリ・バリヒは、たんたにそっくりの行動をとります。

たんたが、たんけんのための帽子を買えばバリヒも買いますし、望遠鏡やおやつを選べばバリヒも買います。

 

こどもが夢中になる小道具がいっぱいです。

 

しかもお互いに気が付いていません。
あれ?この子はいったい?どうして同じことを?なんて考えているうちに、ひょうの子であることなんてどこかに行ってしまいます。

 

主人公はアグレッシブでアクティブ、冒険心がやばいです。

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

ちょっとだけ 三びきのやぎのがらがらどん いたずらラッコのロッコ
火星の王女 イギリスとアイルランドの昔話 ともだちは海のにおい
エルマーのぼうけんセット 朝びらき丸東の海へ 小公女セーラ

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング