~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「だれも知らない小さな国」を皆に知らせたい

今日、ご紹介するのは児童書です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

コロボックル物語1 だれも知らない小さな国

佐藤 さとる (著), 村上 勉 (著)

小学校三年生のときだった。もちの木をさがしにいったぼくは、こんもりした小山や杉林にかこまれた、三角形の平地を見つけた。小さないずみがわき、まっかなつばきの花のさく、どこかふしぎな感じのする場所だった。―そして、とうとうぼくは見た。小川に流れていく赤いくつの中で、虫のようなものが動いているのを。小指ほどしかない小さな人たちが、手をふっているのを!(「BOOK」データベースより)

 

知らない人などいないのではないか…なんて思っていたのですが、最近、埋もれつつある!?

どなたか映画化かアニメ化していただければいいんですが…。

 

小人ここにいますよーーー!!!

と声を大にして伝えたいです。

 

 「誰も知らない小さな国」なのに。

 

すべての人の心に、この誰も知らない秘密の国を持ってもらいたいです。

 

気になる、小人ものの一冊です。

↓下の方に載せた文庫版の方のレビュー、69点のレビューがついていて★5点です。
(これはちょっと自慢したくなります!!)

 

ボロボロになるまで読んだ…新しいものを…。
今は子供がはまっている…。
わずかにあったたった一つの★3のレビューも、お子さんが怖がったのでまだ読んでいないけれど、また読ませてあげる、というものでした。

 

それほどまでに、この本は名作です!!

小人ここにいます!!!

 

アリエッティだけじゃないです!!
アリエッティもすばらしいですが!!) 

 

シリーズものでどれをとっても素晴らしいのですが、やはり一冊目というのはおそらく、作者にとっても読者にとっても特別な一冊となるでしょう。


おちびさんが川に靴を浮かべるとき
さあ、行って取ってきて!
という呼び声に誘われて

 

読んでいるすべての人に、この本を読んだ時の子供時代がよみがえる。
わたくしたちの子供たちにも、そのような体験を与えてあげたいです。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

だれも知らない小さな国―コロボックル物語 1

佐藤 さとる (著), 村上 勉 (イラスト)

 

こちらは小さ目の文庫版です。
少し大きくなった子どもさんならば、文庫も良いかもしれません。 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

ちいちゃんのかげおくり 火の鳥と魔法のじゅうたん 影との戦い
そらいろのたね ビロードのうさぎ メリサンド姫: むてきの算数!
げんきなマドレーヌ たなばた 少女イス 地下の国へ

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング