~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「はじめてのおるすばん」

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

はじめてのおるすばん

しみず みちを (著), 山本 まつ子 (イラスト)

ことし3つのみほちゃんが、ひとりではじめてのおるすばんをすることになり…。幼い心の不安と成長を温かい母親の目で描きます。

 

今日の本どうしようというと、(最近、子どもに丸投げです)これをもってきてくれました。

 

お留守番といっても、本当にご近所にちょっとだけ行っただけ、ママはすぐ戻ってくるのですが…。
ほんのわずかな時間でも、3歳のみほちゃんにはものすごく長い時間です!

 

ままが かちりっと どあのかぎをかけると、へやのなかが、きゅうに しーんとしました。
げたばこのうえの きぼりのくまが、あーんと くちを あけたみたです。
それに、だいどころの はしらどけいも、
ひとり ひとり ひとり ひとり
といっているようです。
(まま、はやく かえってきて)

 

このはしらどけいの表現がとてもすばらしいです!

不安な気持ちが、読むお子さんだけではなくて、おとな目線にもきゅ~んときます。

 

特に、「ポストのふた」がもちあがって(郵便屋さんの)目玉がのぞくシーン。
大人でも怖いです!!

 

安全であるはずの家の中に、「視線」という他人が入って来るという、ある意味心理的ホラーです。

 

今となっては、3歳の子をおるすばんさせることなどありえないでしょう。

 

けれど、そういう時代になったからこそ、ひとりでおるすばんすることのこわさ、ドキドキを疑似体験するにはとてもいい絵本だと思います。

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

くまのがっこうシリーズ(既12巻) (日本語) 単行本 - 2013/7/1 やまんばのにしき マチルダは小さな大天才
世界むかし話集6ロシア・西スラブ編上 フェアリーたちの魔法の夜 ちいちゃんのかげおくり
しょうぼうじどうしゃじぷた エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする みどりのゆび

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング