~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「宝島」

今日、ご紹介するのは児童書です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

図書館がはじまったので、満を持してあれこれ紹介したいと思…って…いたのです……が、まだ行けていません。

月初でもあるし、テレワークの影響ががっつり来ています!
6月は1日から仕事でしたので、一週間出社するともうぐったりです。
もっとゆっくり、日常に戻してほしいです…。

 

というわけで、ぼうけんの旅に出たいです。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

宝島

R.L.スティーヴンスン (著),

海保 眞夫 (翻訳)

ジム少年は,トレローニさんや医者のリヴィシー先生とともに,海賊フリント船長がうめた莫大な財宝を探しに出帆する.ぶきみな1本足の海賊シルヴァーの陰謀にまきこまれ,はげしい戦いが始まる….手に汗にぎる海洋冒険小説の名作.

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島 (10歳までに読みたい世界名作)

ロバート・ルイス スティーヴンソン (著),

横山 洋子 (監修), 館尾 冽 (イラスト), 吉上 恭太 (翻訳)

 

 

ティーブンソンの「宝島」は、とてもさまざまなバージョンが出ています。
というのも、原作はなかなかにものすごく硬派なのです!!

 

長いですし、描写もたいへん細かいです。
抄訳で子ども用に出しているのもわかります。

 

筋が面白いので、抄訳でも十分に楽しめます。
それにこの「10歳までシリーズ」の中でも「宝島」の絵柄はなかなか、合っていると思っているのですが、どうでしょうか?

 

さて硬派な原作「宝島」ですが、その魅力...特に特筆すべきはやはり、シルバー船長です!

この一筋縄ではいかない悪党、しかも、悪いだけではない悪党の魅力は素晴らしいです。

 

 

とにかく、シルバー船長からいかに逃げるか、そしていかに裏をかくか。

主人公のジムはきりっとしていて、なかなかかっこよいです!
なので、シルバー船長もちょっと一目置くというか、可愛がるというか、目をかけるというか、そういう風を見せます。

 

シルバー船長は、自分が取り仕切っている仲間の荒くれ者の悪党の海賊どもよりも、仇敵であるジム少年の方が好きなようです。


この気持ちは何となくわかります。
(わかるんかーい!)

  

とはいえ、改心したりだとか、結局仲間になるなんてことは一切ありません。
シルバー船長は結局、悪党は悪党なのです。

 

人間らしい心、ユーモラスさ、そして情のようなもの。
それと残忍な、恐ろしい悪党な部分が交じり合って、一筋縄ではいかない人間の複雑さをあらわしています。

 

もちろん抄訳を選んであげるのも良いですが、ここはひとつ、大人が原作の「宝島」を読んでみるのも良いと思います。

 

青空文庫の翻訳はたいへん古いことばで訳されており、苦労はしますが、なかなか味があります。

そして、原作はグーテンベルクで無料公開されています。

 

 

青空文庫

www.aozora.gr.jp

 

グーテンベルク

www.gutenberg.org

 

 

「プロジェクト・グーテンベルク」
http://www.gutenberg.org/ebooks/author/492

 

プロジェクト・グーテンベルクについて
Wikiの説明ページ

プロジェクト・グーテンベルク(Project Gutenberg、略称PG)は、著者の死後一定期間が経過し、(アメリ著作権法下で)著作権の切れた名作などの全文を電子化して、インターネット上で公開するという計画。1971年創始であり、最も歴史ある電子図書館

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

せいめいのれきし だるまちゃんとてんぐちゃん かんどうのめいさくえほん
モモ アクビちゃんゆめであそびましょ! ちびっこカムのぼうけん
アンデルセン童話集 Mad about Madeline: The Complete Tales (英語) 子うさぎましろのお話

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング