~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「三びきのやぎのがらがらどん」「3びきのかわいいオオカミ」

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

三びきのやぎのがらがらどん

マーシャ・ブラウン (イラスト), せた ていじ (翻訳)

橋の向こう側の山で、たくさん草を食べようと考えた3匹のヤギ。小さなヤギ、中ぐらいのヤギ、大きなヤギ、みんな名前は「がらがらどん」。橋をわたっている途中に谷に住むトロル(おに)にでくわしてしまいます。

 
有名で有名で有名な絵本なので、いまさらではあるのですが紹介してみます。

 

やっぱりこの本のものすごいのは、むちゃくちゃインパクトのあるトロルの顔です。

 

それに負けない、大きいやぎのがらがらどんの迫力!

 

あまりにも独特なので、見ただけで怖い!という子もいます。
水木しげるさんの妖怪にも通じる恐ろしさだと思います。

 

しかし、これは恐ろしいから良いのです!!
森のかたすみや、には得体の知れない何かが住んでいる。足をとられることがある。
子どもに危険を知らせ、気をつけることを学びます。


たまに怖すぎる!トラウマだ!という無茶ぶりなクレームをこうむることもあるので、読みきかせの時には緩和するために、優しいお話を組み合わせます。

 

 

 

それが、「3びきのかわいいオオカミ」です!

 

3びきのかわいいオオカミ

ユージーン トリビザス (著), ヘレン オクセンバリー (イラスト), こだま ともこ (翻訳)

「3びきのこぶた」をすてきにひねった愉快なお話。あちこちで話題になり、幼稚園や小学校でもこどもたちが劇にして楽しんでいます。犯罪学者と人気画家のコンビニよる、極上の絵本です。

 

これがまた間逆の話で、オオカミさんたたちは食べちゃいたいほどかわいい、ほのぼのとした優しいオオカミです。
そして...ぶたがものすごい凶悪です。

まあ見て頂ければわかると思うのですが、「3びきのこぶた」をひねっているだけに、現代の武器を使いまくりです。

老婆心とは思うのですが、最近のお子さんはそもそも「3びきのこぶた」を知らないこともありますので、あくまで「3びきのこぶた」を知っていて、ちょっとひねりのきいた展開におもしろみを感じてくれる、高学年の子に向けて読んでいました。

 

 

ただどちらにも言えるのは

悪役の絵づらがとにかく、ものすごく凶悪

ということです(笑)

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

オンネリとアンネリのふゆ やまんばのにしき 魔女のむすこたち
ひとすじの道 人間になりたがった猫 ひっこしだいさくせん―5ひきのすてきなねずみ
グリーン・ノウの子どもたち ウルスリのすず チベットのものいう鳥

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング