「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「パパ、お月さまとって!」

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

パパ、お月さまとって!

エリック カール (著), もり ひさし (翻訳)

絵本『はらぺこあおむし』の作者カールさんは、絵本の魔術師といわれます。その明るくさわやかな貼り絵の世界は、見る人の心をとりこにしてしまいます。こんどは、絵本の画面が左右上下に開いて、広い広い空を絵本の世界にしてしまいました。「お月さまをとって!」と娘にせがまれたお父さんが、長い長いはしごをかけて月をとりにいくという優しさにあふれた絵本です。

 
はらぺこあおむしで有名なエリック・カールの絵本ですが、私ははらぺこあおむしよりもこちらの本が好きなのです。
(個人的好みです)

 

あまり読まない上の子が自分で探し出してきて読んでくれといい、大好きだった絵本です。

 

内容はまったく題名と同じで文字通りそのとおりです。

 

お月様を取ってほしいとせがまれたお父さんが、子どものために長いはしごを用意してお月様をとってきます。

 

大型本だと、はしごの長さがはんばなくて、右に左に上に下にと開いて迫力満点です。

 

夜空に広がる世界...!
エリック・カールの芸術的な色使いがぱあっと視界に入ってきます。
すばらしい絵本です。

 

子どものためなら月も取ろうというお父さんの思いもかくや、です。

 

が、結局、月はおねだりして買った風船のようにしぼみ、子どもは、失われた望みがまた夜の空に浮かんでいるのを子供部屋の窓から見ることになります。

 

手の届かない望みはまた、遠い遠い場所にある。

 

月が欠けて、また満ちるのを見るたびに、また誰かのお父さんが子どものおねだりで月を取ったのかもしれないな…なんていう風に想像するのも楽しいことです。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

PAPA PLEASE GET MOON

Eric Carle (著, イラスト), Stanley Tucci (監修)

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

サムのおしごと 森は生きている 人形の家
こいぬとこねこのおかしな話 おでかけのまえに マチルダは小さな大天才
クリスマス・キャロル 世界むかし話集1イギリス編 スザンナのお人形・ビロードうさぎ

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング