~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「モモちゃんとこや」

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

モモちゃんとこや

松谷 みよ子 (著), 武田 美穂 (イラスト)

名作童話「ちいさいモモちゃん」の絵本版。モモちゃんがおじぞうさんと、とこやさんごっこをするお話。子どもたちの大好きな「ごっこ遊び」の楽しさがいきいきと描かれている、心あたたまる絵本です。

 

 

「モモちゃんとこや」
とこや…という名前じたいが死語なのかもしれません。

もう絶版になってしまっているようです。
(中古でえっらい値段がついています)
とても、と~~っても可愛いのですが、無理からぬことなのかもと思います。

 

でも好きなので紹介しちゃいます。
モモちゃんシリーズ全編を通して、モモちゃんの一番の遊び相手であり、理解者であり、お兄ちゃんみたいな存在でもある黒ねこのプー、このお話の中では、ねこ好きにははずせないかわいさです。

 

絵本シリーズは、モモちゃんシリーズの本に入っていないお話を含んでいるので、とても貴重です!

 

ニャーン、アウー
ぼく、とこやさんはいや、きらいだよう 

 

というフレーズは歌うようで、子どもたち、何度も何度も繰り返して遊んでくれます。
何か嫌なことがあったときはいつも
ニャーン、アウー
です。

 

ごまかすな!
と言いたい所ですが、このお話と黒ねこのプーがちらちら浮かんでしまいます。

 

モモちゃん、とこやさんごっこをしたいのですが、誰もなかなか、とこやさんごっこに付き合ってくれません。
(ほんとに毛を刈られたらえらいことなので、プーが逃げるのも仕方ないです)
付き合ってくれる、やさしいおじぞうさんです。

 

えっ…?
お…じぞう…さま...?
とこや…だよね?

 

とてもやさしい、かわいいお話です。

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

銀のいす Winnie-the-Pooh(講談社英語文庫) 魔法使いのチョコレート・ケーキ
ちいさいロッタちゃん こひつじまある こんとあき
賢者の贈り物 やかまし村はいつもにぎやか むしばミュータンスのぼうけん

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング