「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「キャベツくん」

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

キャベツくん
長 新太 (著)

 

 

長新太さんの「キャベツくん」は読むほうも聞く方もとても盛り上がります。
読みきかせのノートにも、頻繁に名前が登場しています。

 

そもそもキャベツくんとは何ぞ。
という疑問が生まれるのですが…。

これがキャベツくんです。

f:id:WhichBook:20200825235756j:plain

 

ページを開いて出てくるのはおなかがすいたブタヤマさん。
こんな感じです

 

キャベツくんが あるいてくると
ブタヤマさんに あいました。
「こんにちは」と、キャベツくんが
あいさつをしました。

ブタヤマさんは
「フー」と いいました。

かぜも
「フー」と ふいています。

 


この詩的かつダイレクトなナンセンスさ。(もう何を言ってるか自分でもよくわかっていません)
いっきに長新太ワールドへご招待、です。

 

ブタヤマさんはおなかがすいているのでキャベツくんを食べようとするのですが、キャベツくんは「僕を食べたらこうなる」、とあれこれと例を示します。

 

空に次々に、イメージが浮かびます。
キャベツくんを食べたどうぶつたちの成れの果てです。

 

そのたびにブタヤマさん
「ブキャ!」
と驚くのですが、そのたびに子どもたち、わあっと笑います。
(たまに笑ってくれないこともあります 笑)

 

子どもたちは、次々に、一体キャベツくんを食べたら動物たちがどうなるか、というよりも、「ブキャ!」を待ち望んでいる感があります。

 

キャベツくんといえば「ブキャ!」

 

ナンセンス絵本の傑作です。

 

 

長新太さんのナンセンス絵本の傑作の金字塔に輝くはやっぱり「ごろごろにゃーん」なのですが、これも好きすぎてなかなか紹介できない本リストに入ってしまっていて、なかなか記事を書くことができません。

 

みんな大好き「ごろごろにゃーん」を、今度こそご紹介したいなあ、と思います。
そして、その時は、このツイートの、長新太さんの特別な猫さんのことも、書きたいなあ、と思います。

 

 

 

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

ルピナスさん―小さなおばあさんのお話 チム・ラビットのおともだち おしっこちょっぴりもれたろう
点子ちゃんとアントン でんでんむしのかなしみ 魔女の宅急便
5ひきのすてきなねずみ まちのじどうしゃレース むしばミュータンスのぼうけん バタシー城の悪者たち

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング