「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

閑話 たくさんあるのに…

 

閑話です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

  

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

大雨も暑さも次第に過ぎていきました。
コロナもだんだん収束(?)の様相を見せ始め、学校も始まってお友達もまた遊びに来るようになりました。

 

子どもたち、すごくえらそうな顔でやってきました。
妹子「お母さん、なんでそんな微妙な本ばっかり選ぶの!?」

 

ええ~。ショック…。

 

「いや、いいよ?別にいいんだけど!もっと良い本があるでしょお!?
「すみません」
「プーさんとか、長くつしたのピッピとかさあ、マッドパワー超人(プッ←自分で笑う)て自分で書いてたじゃん!とぶ船も入れてないよね?かえるのエルタもないじゃん!」

 

お前は自分の好きなのばかり言ってるような気がするけど…。
でも確かに、超一流のいい本ばかりです。

 

(妹子の言ってる「微妙な本」てのは、多分ピッキのことを言ってる気がします)

 

この子、長くつしたのピッピのことをマッドパワー超人と言ったのがツボにはまってしまったらしくて、いつも一人でときどき笑ってます。
ちょろっと思いついて冗談で言ったのにそんなにウケるとは…。

 

お友達「ホッツェンプロッツとカッレくんを入れてほしいです」
「は、はい。すみません」

 

君たち、大変なんだよ!
いい本ほど紹介が難しいの。
すごい力を入れて、もうマジになって取り組まないといけないから。
このすばらしさをとても伝えきれない…。
けど、なんとかして面白く伝えたい!

 

って、あれこれ考えないといけないの!

 

それで、さらっと紹介しようかと思って図書館に通うと、以外と面白くてガツガツと紹介してしまいます。

 

しかし、リンドグレーンはさすがに強いです。
なにしろ冊数がたくさんです。
方向性もさまざま、探偵、ファンタジー、トンデモ、ほのぼの日常、おもしろ系と、実に自在です。
不世出の人だなあと思います。

 

妹子とお友達には大変申し訳ないのですが、明日からはとても感銘を受けた「ニワトリ号一番のり」にしようかと思ってます。


ごめんなさい。

 

 

クマのプーさん
A.A.ミルン (著), E.H.シェパード (イラスト),石井 桃子(訳)

イギリスの詩人が幼い息子のために書いた楽しいファンタジークリストファー・ロビンが、クマのプーさんやコブタなど、大好きなおもちゃの動物たちとくり広げるゆかいなお話。

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

長くつ下のピッピ
アストリッド・リンドグレーン (著), 桜井 誠 (イラスト), 大塚 勇三 (翻訳)

世界一強い女の子ピッピのとびきりゆかいな物語。となりの家に住むトミーとアンニカは、ごたごた荘でサルと一緒に自由気ままに暮らしているピッピがうらやましくてなりません。(「MARC」データベースより)

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

とぶ船〈上〉
ヒルダ・ルイス (著), ノーラ・ラヴリン (イラスト),  石井 桃子 (翻訳)

ピーターがある日、うす暗い小さな店で手に入れた古い小船は、なんと魔法の「とぶ船」でした。ピーターたち4人きょうだいはこの船で、エジプトやウィリアム征服王時代のイギリス、北欧神話の世界にまで冒険旅行をします。

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

かえるのエルタ
中川 李枝子 (著), 大村 百合子 (イラスト)

カンタのひろったおもちゃのカエルは、雨をあびるとほんとのカエルになって、カンタをカエルのお城のある「うたえみどりのしま」へつれていきます。幼年向きファンタジーの傑作。

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

大どろぼうホッツェンプロッツ
オトフリート=プロイスラー (著), トリップ (イラスト), 中村 浩三 (翻訳)

おばあさんの大切なコーヒーひきが、大どろぼうホッツェンプロッツに盗まれてしまいました。大魔法使いツワッケルマンや妖精も登場して、少年カスパールとゼッペルの大活躍がはじまります。

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

名探偵カッレくん
アストリッド・リンドグレーン (著), エーヴァ・ラウレル (イラスト), 尾崎 義 (翻訳)

名探偵を夢見るカッレくんは、ある日エイナルおじさんの怪しい行動に第六巻を働かせ、捜査を始めます。宝石窃盗団に迫ったカッレくんは、仲良しのアンデス、エーヴァ・ロッタとともにお城の地下室に閉じこめられてしまいますが…。

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

ニワトリ号一番のり
J・メイスフィールド (著), 寺島 龍一 (イラスト), 木島 平治郎 (翻訳)

19世紀後半、中国からロンドンまでの広大な大洋上を、先着をきそってシナ茶を運ぶ帆船の物語。潮のかおり、帆船の美しさ、海の男たちの魂を見事に描き切った作品です。

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

ものすごくおおきなプリンのうえで ウルド昆虫記 バッタを倒しにアフリカへ ジュニア版ファーブル昆虫記 全8巻セット
ロボット・カミイ あしながおじさん なぞなぞのすきな女の子
世界むかし話集7インド・中近東編 くまの子ウーフ あおくんときいろちゃん

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング