~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

大人が読む児童書「ガンバとカワウソの冒険」 1

大人が読む児童書。
積ん読・解消計画★児童書編」です。


この記事はネタバレもしていくことになりますので、未読の方はご注意ください。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

ガンバとカワウソの冒険
斎藤 惇夫 (著), 薮内 正幸 (イラスト)

ガンバと15ひきの仲間は,ゆくえ不明のネズミをたずねて四の島に渡ります。そこには,想像をこえる体験が….

 

 

どうしても我慢できなくて、「ガンバとカワウソの冒険」を開いてしまいました。
ガンバシリーズ3作目、まだ未読です。

 

ガンバシリーズ1作目の読了感想です。

大人が読む児童書「グリックの冒険」1 

ガンバシリーズ2作目の読了感想です。

大人が読む児童書「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」 1

「ガンバの冒険」アニメ作品を見てみました

 

偏っちゃうので、楽しみはもうちょっと後に…後に…と思っていたけれど、目の前にドーンとあると 開かずにはいられません。

 

開いてみると、冒頭にケネス・グレアムの「たのしい川べ」の引用が乗っています。

 

だからね、若いきょうだい、きみもきたまえ。時は待っていないし、南の国は、きみをよんでいるのだ。二度と帰らない時がいってしまわないうちに、冒険してみるんだな!ただ戸を一つしめて、陽気に一歩ふみだせば、それでいいんだ! 古い生活にかわって、新しい生活がはじまるのさ。

  (グレーアム作『たのしい川べ』石井桃子訳より)

 

これはあかん。素晴らしい。
冒険の夢へ誘う、美しい言葉です。

 

ちょっと戻って表紙の裏側を開いて見てみると 地図が載っています。
この地図もいいなあ!
何もかもがいいです。

 

んっ?
「シジンとナギサの結婚式」

 

いきなり地図でネタバレをぶちかまされたような気が…。

 

しかし、たとえ 筋を知っていたとしても、実際に読んでみるとそのたびにまるで初めて飲むかのような ドキドキ感を何度でも味わえるのこそ、名作のゆえんです。
(まだ読んでないですけど)

 

さて話は 「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」が終わったところ、ガンバが心地よい我が家に戻ったところで始まります。

 

夢見ヶ島でのノロイとの戦い が終わったら一周年記念をイタリアのベトララで 執り行うことになっており、何とも景気の良い話です。
コロナもないし、バブルかな…(1982年初版発行です)

 

ガンバがかじっている、クナックソーセージ とはなんぞ?

これかな…?
ホッツェンプロッツのグルメを確認した後なので、こんな所でソーセージとか出されたら 過剰に反応してしまいます。

 

ガンバ、ちゃんと潮路のことを考えてくれてるんだ!(涙…)
ノロイのことを考えるのは当たり前ですが、ボーボとオイボレ、その名前が出てくることが切ないです。

 

15ひきのお仲間のマンプク、 イカサマ 、ガクシャ、 シジンの4匹 が入ってきました。
そして また新たな冒険に誘うのですが、今回は「シジンの恋人を助ける」という話になってます。

 

ここで思いましたが、これまでガンバ三部作を読んできて、作者は割とロマンチックだなと思いました。
恋が多いです。

 

嫌なわけないです。
超超大好物です。いいです。いいよお~!
最初から掴みがいいです。(興奮するな)

 

シジンの恋人はなぎささん 名前のセンスもいいです。のんのん、潮路、なぎさと来ました。
イタリア行きにはまだ余裕があるで、まだ4週間あるそうです。
4週間で戻ってこれるんだろうか…。
この話、ハードカバーで545ページもあります。
今19ページ目です。

 

f:id:WhichBook:20201014030210j:plain

この話を聞くガンバの偉そうな態度はかなり笑えます。
すっかり親分が板についた余裕です。リーダー、ガンバ!

 

 

シジンの昔話に移行します。

 

そのむすめのネズミは丸い大きな黒い目を、すこししからかうように光らせながら…

 本当に女性陣が魅力的です。うっとりです。

 

読みながら ネズミじゃなくて もう人で想像してます。
1970~80年代活躍の女優を無駄に検索してしまいました…。

 

 

予想ですが、どうやらなんとなくガンバとカワウソは仲良しっぽい感じがします。
イタチのノロイとは死闘を繰り広げたわけですが、ここでご覧ください

イタチの写真

「イタチ」の検索結果 - Yahoo!検索(画像)

「ノロイ ガンバ」の検索結果 - Yahoo!検索(画像)

 

カワウソの写真

「カワウソ」の検索結果 - Yahoo!検索(画像)

 

そもそもがイタチの検索結果と、ノロイの検索結果の違いがすごすぎます。

カワウソもイタチ科なんだけどなー。ネズミを食べたりはしないのだろうか…。 

 

まだちょっとアニメのノロイのビジュアルが、原作と頭の中で結びつき過ぎていて(ものすごいインパクトでした)、にわかにカワウソとの友情を信じがたい自分がいるのも確かです。

 

頭を切り替えるしかない!のは分かっているのですが…。
あの顔が…あのノロイの顔が…。

 

f:id:WhichBook:20200606011410j:plain


 

さ…先を続けます。

 

ナギサ「雪のたくさん降る街を見なくてはいけない用があって」
どういうことだろうか。
まあとにかく、雪国を見てから帰るところのようです。
シジンはは雪国出身なので、そこで出会います。

 

このナギサという娘のネズミ、かなり旅慣れています。
シジンははじめて東北から東京に出てきた純情な田舎の青年というイメ―ジです。

 

ドキドキしながら入った電車の中で、都会のお姉さんに出会った。
のんのんは肉体的ハンデもありますが内気だけど芯の強い子、潮路はキリッとした優等生の同級生、今回は割と奔放な都会っ子です。
生意気で、世慣れていて、喧嘩っぱやい…下町っ子ですかね。

 

シジンはナギサに教えてもらって、港の忠助という年寄りネズミをたずねるのですが、ここでシジンの本名も忠助であることが判明し、わたしは若干混乱しました。
年よりの忠助おやじと、シジンである若い忠助です。

 

この年より忠助は、港で税関か手荷物検査か、チケット確認するスタッフみたいなことをしています。
一人一人チェックをして、船に乗るか乗らないかはこのおやじが決めるのです。

 

ここは考えたらだめだ!
そういうものなんだ!

 

(続きます)  

 

 

whichbook.hatenablog.com

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

冒険者たち ガンバと15ひきの仲間
斎藤 惇夫 (著), 薮内 正幸 (イラスト)

イタチと戦う島ネズミを助けに,ガンバと15ひきの仲間は、船で夢見が島に向いました。しかし、白毛ノロイがひきいる、どうもうなイタチの群れに追いつめられ、海岸の岩山で最後の決戦の時をむかえます。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

ガンバの冒険シリーズ 全3冊
斎藤 惇夫 (著), 薮内 正幸 (イラスト)

 

 

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

大どろぼうホッツェンプロッツ タランとリールの城 小公子
チョコレート戦争 世界むかし話集6ロシア・西スラブ編 強くしなやかなこころを育てる! こども孫子の兵法
つるばら村のはちみつ屋さん こえどまつり ひさの星

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング