「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

閑話 世界昔話(ドイツ・スイス編)を読んだ妹子

大人が読む児童書。
「再読★児童書編」です。


この記事はネタバレもしていくことになりますので、未読の方はご注意ください。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

新編 世界むかし話集(2)ドイツ・スイス編
山室静 (編集) 形式: Kindle版

これまで家庭で語られていただけの昔話が、今日のように文化的宝と認められるようになったのは、グリム兄弟の『家庭と子供のための童話集』の刊行によるところが大きい。
本書は「ヘンゼルとグレーテル」「白雪姫」などのグリム童話を中心に、オーストリア、スイス、オランダ諸国の昔話を多数収める。
<ドイツ> カエルの王子/ヘンゼルとグレーテル/オオカミと七ひきの子ヤギ/いばら姫/他21編
<オーストリア> 永遠の国へ行った花婿/ハシバミの枝/他3編
<スイス> 三つの言葉/ローツェ氷河はどうしてできたか/かわいい小鳥/他5編
<オランダ> スタフォレンの奥方/飛びゆくオランダ人/他3編

 

 

昨日、
「次の記事で、あしながおじさんに出てきた本のリストを出して、おしまいにしようと思います。 」
なんて書いたのですが、半端ない量だったので挫折しました。

 

多すぎました。

 

もうちょっとがんばってまとめたら、またUPします。

 

 

妹子が世界昔話のドイツ・スイス編を読んでくれました。

 

whichbook.hatenablog.com

 

kindleでいいよ~。わたし割と読むよ?」
とか言っていたのですが、途中で見ると、本に移行してました。

 

この分厚さはやっぱり、ちょっと手に取るのをずいぶんためらっていたのですが、やはり本の方が読みやすかったようです。

お兄ちゃんはすらすらっと読んで、あはは、と笑って、普通~にしていたんだけどなあ。

 

ありがたや、kindleさま…。

 

 

オオカミと七ひきの子ヤギ

 

妹子「チョークをたべると声が良くなる!?チョーク!?」

わたし「あーそれは、本当に何のこと?って思ったよ」

妹子「あんなもん食べたら、粉っぽくて喉が詰まって、かえって声出なくなると思うよ?」

わたし「そうだねえ、たぶん、昔の人はヘリウムと炭酸カルシウム間違えたのかもねえ」 

 

むちゃくちゃ適当なこと言ってます。
そんなん気体と固体で間違えるはずないですし。

 

チョークは本当に、今でもなぞです。
昔はそういう風に信じられてたのでしょうか??

 

 

いばら姫

 

妹子「『つむ』で死ぬかなあ。こ~んな、ちょっととがった所でしょ?割れた糸車につまづいて転んで、おなかにぐっさぁ!と刺さったとかじゃないと死ななくない?」
私「………」

 

最近、コナンくんの影響もあってか犯罪場面の細部にこだわります。
やめてほしいです。

 

 

白雪姫

 

妹子「『おきさきさまは、ねたましさで顔が黄と緑のぶちになりました』だって!ぶち!だって!笑笑笑」

 

最近、妹子はお友達とのやりとりで「w」を覚えたので、ここは本人は「www」と言いたい所だと思います。
 

わたし「改めて読むと、結構ちゃんと知らなかったな~と思わない?」

妹子「そうだね」

 

会話が終わってしまった。

 

 

昔話集は世界の文化に触れることができるというのみならず、この現実の世界そのものも教えてくれると思います。正直者が馬鹿を見ることがあり、必ず因果応報になるというようなことはなく、世の中は矛盾に満ちていて、良い時もあれば悪い時もあるということを教えてくれる…(妹子が話を聞いてくれないストレスをここにぶつける)

 

◇ 

 

ガチョウ番の少女

 

妹子「こいつ(女中さん)、なんでこんなに偉そうなわけ?」

わたし「昔はわかんなかったんだけどね~、源氏物語とか、平安文学読んでるとね、位の高いお姫さまや、王女さまみたいな人も、お父さんが死んだりして政治的な後ろ盾がなくなると、発言力も影響力もなくなっちゃうんだよね。そして、王女さまのおつきの人って、割と身分の高い貴族の娘なんだよ~。だから、召使の娘が尊大になって乗り替わってしまうっていうの、感覚としてよくわかるようになっちゃった~(ベラベラ)」

 

まあ、聞いてくれないだろうな~。
妹子に言っても仕方ないんだけどな~、と思いながらそんな話していると

 

妹子「わたしだったらね!

ああん?王さまのむすめに向かってそんな口きくたあ、いい度胸じゃねえかよ。女中さんよ。いっちょしばいたるけえの

…って言ってやるわ!」

 


わたし「…………」

 

それは王さまのむすめじゃない。極道だ。

 

 

 

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

新編 世界むかし話集 (全11巻)
Kindle版 山室静 (Editor)

 

「プロジェクト・グーテンベルク」
http://www.gutenberg.org/ebooks/author/492

 

プロジェクト・グーテンベルクについて
Wikiの説明ページ

プロジェクト・グーテンベルク(Project Gutenberg、略称PG)は、著者の死後一定期間が経過し、(アメリ著作権法下で)著作権の切れた名作などの全文を電子化して、インターネット上で公開するという計画。1971年創始であり、最も歴史ある電子図書館

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

かこさとし からだの本 全10巻 こえどまつり バレエシューズ
星の林に月の船 声で楽しむ和歌・俳句 ウェン王子とトラ ねずみのアナトール
ライオンと魔女 こすずめのぼうけん バルバルさん

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング