~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

大人が読む児童書「宝島」 1 やはり「船」は面白い

今日、ご紹介するのは児童書です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

宝島
R.L.スティーヴンスン (著),
海保 眞夫 (翻訳)

ジム少年は,トレローニさんや医者のリヴィシー先生とともに,海賊フリント船長がうめた莫大な財宝を探しに出帆する.ぶきみな1本足の海賊シルヴァーの陰謀にまきこまれ,はげしい戦いが始まる….手に汗にぎる海洋冒険小説の名作.

 

久しぶりだな~と思って、ちらっと開いてみたら、すっかりハマってしまいました。
「宝島」

 

今更の宝島です。でも、本当にしっかり最初から最後まで、再読したことがあっただろうか?

 

グーテンベルクで出ています。

www.gutenberg.org

 

原文をテキストファイルでダウンロードまではしたのですが、そのままにしていました。

 

というのも、「船」系のお話は、なかなか、単語が難しいのです!
フォア・マストだとか、ミズン・マストだとか、そんなのは序の口です。
「海洋単語辞典」なるものも用意したのですが、ほうりだしてそのままでした。

 

今回、英語版で読むのはやはり時間がかかりそうなので、いつも言及している「世界少年少女文学全集」の赤本を取り出してきました。

 

f:id:WhichBook:20201218232138j:plain

翻訳は西村孝次さんです。

開いてみると、ふろくの説明が落ちてきました。
もう古くなって、しかも中古で購入したので、半分ありませんけどこれは仕方ありません。

※両作品とも、大体小学校六年生程度向きのものです。勇気と強いからだをきたえる冒険心をむやみに危険がって、のびて行く少年を、つみとることのないようにしたいと思います。

 

さすがいいこと書いてあるな~!

 

しかし、内容はどうだろう…。
もう、ほぼ忘れています。

 

・宝の地図を手に入れる。
・海賊と戦う。
・主人公が勝つ

 

そんなことならだれでも知ってるわ!
というようなことしか覚えていません。

 

というわけで、読んでみました。

 

ざっくりですが、登場人物です。

 

・主人公のぼく、ジム・ホーキンズ。ベンボー提督屋のむすこ。やんちゃ以上。
・医者で治安判事のリヴジー先生。かっこいい。スーパーマン
・トリロニーさん。地元の金持ち。資金提供者。おしゃべりでだまされやすい。
・スモレット船長。厳しくて真っ正直な人。
・シルヴァー船長。「一本足の男」魅力的な極悪人。
・その他(おいっ!)

 

http://www.gutenberg.org/files/120/120-h/images/0028m.jpg

これは、グーテンベルクの原書の中の地図です。
やっぱり、こうして地図を見るとかなりドキドキします…!

f:id:WhichBook:20201218233235j:plain

「世界少年少女文学全集」の方の地図です。

 

 

第一篇 老海賊(The Old Buccaneer)

 

1「ベンボー提督や」へきた老船員

 

右ほおに刀きずがある年より(ビル船長)がやってきて宿屋に住みつく。
ラム酒とたまごつきのベーコンさえあればいい。
宿賃も踏み倒し、いつまでもいるので主人公のおとうさんの心労のもとになる。
「一本足の男に気を付けろ」と言う。

 

2「黒犬」あらわれて、さる

 

黒犬、左手の指が二本ない。
船長と こそこそ話の結果 斬り合いになって、船長は脳卒中を起こす。(まだ死なない)

 

3「黒まる」

 

ビル船長がフリント船長の一等運転手だったことが語られる。
仲間は彼の、古い衣類箱を狙ってる(地図が入ってるんですねわかります☜ネタバレ)
宿屋の主人(主人公のお父さん)死去。
盲人ピューが「黒まる」を持ってくる。ビル船長、ショック死。残り時間六時間。

 

※「黒まる」とは、船長のリコール制度&死刑宣告状みたいなものらしいです。

 

4船員の衣類箱

 

ジムとお母さんは助けを求めるが、フリント船長の名前はおそれられてるので、隣村の人は誰も来てくれない。
お母さんガッチリ屋なので宿賃だけは絶対もらう。
ジムと二人、死んだ老海賊の首の鍵を取って 箱を開ける。
「あぶらぬののこづつみ」をとって、霧のなかを逃走。

 

5めくらのさいご

 

ジムとお母さんは橋の下で身をひそめる。
海賊どもは仲間割れのけんか、盲人ピューは取り残され、自警団の馬の下にまちがってとびこみ死ぬ。
海賊船らしき帆船が逃げていく。

 

6船長の書類

 

ジム、トリロニーさんとリヴジー先生に事情を話す。
つつみの中身は帳簿と封をした紙。
海賊の帳簿、地図…!!!
フリント船長は字がきれい。

 

 

 

 

つづきます。

 

すごくどうでもいい話なのですが「新宝島
私はずっと「丁寧丁寧」のところを「ベイベ・ベイベー」と言ってるんだと思ってました。

 

 

 

 

whichbook.hatenablog.com

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島 (10歳までに読みたい世界名作)
ロバート・ルイス スティーヴンソン (著), 横山 洋子 (監修), 館尾 冽 (イラスト), 吉上 恭太 (翻訳)

宝のうまった島の地図を手に入れた少年・ジムは、船乗りたちと宝探しの航海に出発します。しかし、海賊との戦いが待ち受けていて…。勇気と夢のつまった、心おどる冒険物語。さくさく読める世界名作シリーズ第14弾。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島
スティーヴンスン (著), 村上 博基 (翻訳)

港の宿屋「ベンボウ提督亭」を手助けしていたジム少年は、泊まり客の老水夫から宝の地図を手に入れる。大地主のトリローニ、医者のリヴジーたちとともに、宝の眠る島への航海へ出発するジム。だが、船のコックとして乗り込んだジョン・シルヴァーは、悪名高き海賊だった……。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島
ロバート・L. スティーヴンソン (著), 鈴木 恵 (翻訳)

先生が慎重にその封をはがしてゆくと、ひとつの島の地図が現われた――。取り戻せ、冒険心。大人たちの胸を熱くさせてきた不朽の名作、待望の新訳。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島
ロバート・ルイス スティーブンソン (著), 佐竹 美保 (イラスト), 金原 瑞人 (翻訳)

港の宿屋、ベンボー提督亭のジム少年は、海賊の泊まり客から宝の地図を手に入れる。信頼のおける仲間たちと船を仕立てて宝島へと向かう一行。その船を追う、悪名高き海賊の船長、一本足のシルバー。イギリス少年冒険文学決定版を完訳で。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島
ロバート・L・スティーブンソン (著), 寺島 龍一 (イラスト),  坂井 晴彦 (翻訳)

埋もれた宝、片足の海賊ジョン・シルバーの反乱、少年ジムの大活躍――冒険物語の永遠のテーマを見事に表現した、忘れようとしても忘れられない、児童文学の最高傑作です。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島
ロバート L スティーブンソン (著), 寺島 龍一 (イラスト), 坂井 晴彦 (翻訳)

入り江を見下ろす宿屋「ベンボー亭」に現れた老海賊。残された一枚の地図が少年ジムを思いもよらない冒険へ誘いだす。一本足の海賊ジョン・シルバー、隠された宝……。冒険小説の名作中の名作。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島 Kindle版
ロバート・ルイス スティーブンソン (著), 佐々木 直次郎 (翻訳)

19世紀後半に活躍したイギリスの小説家ロバート・ルイス・スティーヴンソンの海洋冒険小説1881年から1882年にかけて連載。原題は「海のコック、あるいは宝島」だったが、後に「宝島」と改題。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島
ロバート・ルイズ・スティーブンソン (著), 寺島 竜一 (イラスト), 阿部 知二 (翻訳)

ジム少年は,トレローニさんや医者のリブシー先生と,海賊フリント船長がうめた宝を探しにいく.ぶきみな1本足の海賊シルバーの陰謀と,はげしい戦い.手に汗にぎる冒険小説の名作.

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島
ロバート・ルイス スチーブンソン (著), 井江 栄 (イラスト), 飯島 淳秀 (翻訳)

ジム少年の両親が営む宿屋に、ある日、奇妙な客があらわれた。ほおに刀傷のある船乗りで、彼は船長と呼ばれるようになる。船長の突然の死――そして、のこされた荷物の中から宝島の地図が!ジムはリブシー医師や地主のトリローニさんとともに、宝さがしの航海に出発する。イギリスの作家スチーブンソンが描く冒険小説の傑作!

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島―Treasure island
R.L.スティーブンソン (著), Robert Louis Stevenson (著)

ジム少年はふとしたことから、海賊の宝のありかを示す1枚の地図を手に入れた。医者のリブシー先生と地主のトリローニさんとすぐさま旅にでるものの…。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

宝島 痛快世界の冒険文学 (6)
宗田 理 (著), ロバート・ルイス スティーブンソン (著)

《宝島》へ向かうジムのスリリングな航海!宝島の地図を手に入れたジムたちの宝探しの旅は、海賊たちとのはげしい戦いのはてに、どのような結末を迎えるのか イギリス少年文学不朽の名作。

  

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

  

「プロジェクト・グーテンベルク」
http://www.gutenberg.org/ebooks/author/492

 

プロジェクト・グーテンベルクについて
Wikiの説明ページ

プロジェクト・グーテンベルク(Project Gutenberg、略称PG)は、著者の死後一定期間が経過し、(アメリ著作権法下で)著作権の切れた名作などの全文を電子化して、インターネット上で公開するという計画。1971年創始であり、最も歴史ある電子図書館

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

ふしぎなマチルダばあや しょうぼうじどうしゃじぷた あめの ひの ピクニック
ランサム・サーガ(全24冊セット) わかったさんのおかしシリーズ 全10巻 ねこのくにのおきゃくさま
木かげの家の小人たち いないいないばあ マルコヴァルドさんの四季

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング