~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「くまのがっこう ジャッキーのうんどうかい」

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

くまのがっこう ジャッキーのうんどうかい
あいはら ひろゆき (著), あだち なみ (イラスト)

もうすぐ、くまのがっこうの運動会。いちばんのおちびさんも、かけっこだったらおにいちゃんに勝てるかも! いつにもまして、練習いっぱいしてがんばったジャッキー。いちについて、よーい、どん! いちばんになれるかな? くまのがっこうシリーズ第6巻。

 

 

どれをとってもひたすら可愛い、「くまのがっこう」シリーズ。

 

the-bears-school.com

 

キャラクター商品としても大人気です。

 

あだちなみさんの、本当にスタイリッシュで洗練されたセンスの良い、愛らしくあたたかい絵がすばらしいです。

 

この「くまのがっこう」シリーズの中でも、私の一番のお気に入りが「うんどうかい」です。
読み聞かせに一番向いているのもこれです。

 

「読み聞かせ得意リスト」に入っています。

 

どちらかというとジャッキーシリーズは、ジャッキーの恋のお相手のしろくまデイビッドくんよりも、まだデイビッドくんが出ていない頃の方が好みです。

 

くまのがっこうのくまのこたちは、
1、2、3、4……
ぜんぶで12ひき。
みんななかよくくらしています。
いちばんさいごの12ばんめ
たったひとりのおんなのこが、ジャッキーです。

 

というのが定番のご挨拶です。

 

11ぴきのおにいちゃん!
1ぴきでも手に余るのに、11ぴき。

 

お兄ちゃんたちにひたすら可愛がられている小さな妹のジャッキー。

 

このお話は、妹子よりも兄のなご助の方がずっと好きだったような気がします。

 

なかなか話題に出てこないすっかり大きくなってしまって威嚇してくるお兄ちゃんのなご助ですが、それはそれはたくさんの本を読んでくれました。

渡すものを文句も言わずに、おとなしく読んでくれてたなあと思い出します。

 

この11ぴきのお兄ちゃんぐまたちは、みんなちゃんと名前があって、顔も違いますし、ひとりひとりキャラがあります。

私はやっぱり、本ずきのアントンが一番好きです。
3番目のお兄ちゃんですね。

 

お兄ちゃんなので、何でも(ジャッキーよりは)上手にこなすことができます。

 

「パンやさん」などでは、手際よく働いているお兄ちゃんぐまたちですが、「うんどうかい」。
こちらの場合は、かけっこにうんていに、とびばこに棒のぼり...。

 

何をやっても、お兄ちゃん達の方がすぐれています。

 

ジャッキーは、うんていには手が届かないし、とびばこは1段しか、それも座ってるだけだし、棒のぼりも下にちょこんとしがみついているだけです。

 

すごく可愛いです。

 

ジャッキーはご機嫌ななめ、「おさぼりして」散歩に出かけてしまいました。

 

カエルが出てきてひゃっと逃げ出したジャッキーは、すごく早く走れたことに気が付きます。

 

よーーーし!

 

自信をつけ、猛練習を始めます。

 

このあたりの、カエルにびっくりするシーン、「まけないぞったらまけないぞ」の練習シーンなど、あいはらひろゆきさんの操る言葉が、リズミカルで、非常に読み聞かせにむいています。

 

何より一番盛り上がるのは、「よーいどん!」になってからです。
(まあ、これは個人的好みなのですが...)
まるで競馬レースを実況しているかのように読みます。

 

ジャッキーはやい!ジャッキーはやい!
あーおい上げてきた!早い!

 

などの、文句です。
何しろ名前がジャッキーですしね...(何が?)

 

今、これを書くために持ち出してきたら、以前にはなかったクレヨン書きで、最後のお兄ちゃんたちが...の文字が強調されてました。

 

この本をご存じのかたはわかると思います。

 

そうですよねぇ~。
お兄ちゃんですもんね。

 

最後の大びらきのお弁当画面、あだちなみさんの絵の素晴らしさを余すとこなく見せてくれる、最高の一冊です。

 

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

くまのがっこうシリーズ(既12巻)

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

ジャッキーのパンやさん―くまのがっこう
あいはら ひろゆき (著), あだち なみ (イラスト)

ピンク色の表紙に並ぶ12匹のくまの子たち。おやおや最後のひとりはまだ仕度ができていません。『ジャッキーのパンやさん』は、くまの学校のバザーの1日を描いた物語。くまの子たちは、この日が来るのをとっても楽しみにしていて、一生懸命パンをつくるのだけど、1番小さくて、ただ1人の女の子、ジャッキーは、お手伝いをしているというよりは…。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

フラニーとメラニー すてきなおんがくかい
あいはら ひろゆき (著), あだち なみ (イラスト)

ふたりのスープは、今日も幸せをはこびます赤うさぎの姉妹、フラニーとメラニーがつくるスープは森の評判です。ケンカをしていた鳥たちも、スープを飲んだらすっかり仲直りし、声をあわせて歌うのでした。

 

whichbook.hatenablog.com

 

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

ねずみのアナトール 砂の妖精 みどりのゆび
はじめてのおつかい 地底旅行 飛ぶ教室
影との戦い 火の鳥と魔法のじゅうたん ジュニア版ファーブル昆虫記 全8巻セット

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング