「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

旧版 学研まんが 「織田信長」 2 信長と濃姫の出会い

今日、ご紹介するのは児童書です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

学研まんが人物日本史 織田信長 乱世の戦い
中島利行 (イラスト), 樋口清之 (編集) 形式: Kindle版

[書籍版巻頭・巻末資料は電子版では未掲載です]新兵器・鉄砲をたくみに使った織田信長は、戦国大名たちをつぎつぎとたおし、室町幕府をもほろぼして、天下統一を目指した。しかしその途中、明智光秀に殺された。まんがで楽しく学べる一冊。

 

 

旧版 学研まんが 「織田信長」

 

 

1979初版発行、絵を担当された中島利行さんは、なかよしで描かれていた、少女漫画家さんのようです。

 

やっぱり、目がキラキラしているのは気のせいじゃなかったんです。
かなり雑で勢い重視の(旧版)学研人物まんがの中でも、絵は抜群にうまいです。

 

筆圧に勢いがあり、これは織田信長を意識して描かれたからなのかどうかわかりませんが、戦国の世の激しさが伝わってくる絵です。

 

最初に信長誕生シーンです。
おもしろいことに、平手政秀が、あの手塚治虫のヒゲオヤジキャラクターにそっくりです。

 

ヒゲが少し小さいぐらいで、まるみといい、フォルムといい、なじみ深いです。
手塚先生をリスペクトされていたんだろうなーと思います

 

ameblo.jp

 

こちらによると、同時連載もしていたようで、そういう交流もあったのかもしれません。

 

 

パパの織田信秀、豪儀なオヤジという感じで、赤ん坊の信長は信秀の指に噛みつきますが、(噛みついたまま持ち上げるというまんが的表現...)「こいつはふといがきだ!」と気に入り、那古野城を「このがき」にくれてやって、自分は古渡城にうつります。

 

帯に書かれた「まめちしき」がいちいち面白いです。

応仁の乱で屋しきをやかれた公家の中には、内職や医者のようなことをして、くらしをたてる者もいました。

赤ちゃんの信長、すごい生意気そうな顔で、思いっきり、侍女の顔におしっこをぶっかけています。

 

尾張のうつけエピソードを、あますことなくご披露する子供時代。
農民たちに「ばかとのさま」と言われてます。

 

相撲をしたり、人の家の柿をかってに取ったり、悪ガキエピソード満載です。

 

ヒゲオヤジそっくりの平手政秀から
「美濃の守護、土岐さまが道三に追い出されて泣きつき、斎藤道三をやっつけるため、越前の浅倉と結んではさみうちにする」などという情報がもたらされます。

まんがとはいえ、そのあたりの情報がかなかなか、細かいです。

 

 

元服して信長となりますが、あっという間に服を脱いで川に泳ぎに行く信長。

平手が「まだ三月ですぞ」と言うと、

信長「三月だったらどうだっていうんだ!三月にいくさはないのか。川をはさんでむきあえば、夏まで待つのか。ばかもん!」
織田信秀(ふふ……。案外、筋がとおってる。)

 

信長、初陣では「見た、聞いた、試した」とあっさりすぐに帰ってしまいます。

まるでカエサルの「来た、見た、勝った」みたいな台詞です。

 

 

話が動くのはここからです。

 

テッパンのうつけ信長の恰好(半脱ぎ・ひょうたんを腰にぶらさげ、髪ボサボサ)の恰好の信長、唐突にあるお城に忍び込み、眠っているお姫様をのぞき見です。

 

びっくりして起きたお姫様。

 

作者がなかよしで描かれていたというだけあって、お目目キラキラの、すごく可愛らしい姫なのですけど、この時点ではページをめくらないとまだだれかわかりません。(うまいな!)

きゃあっと声を上げた所にかけつけた「父上」。
ものすごい悪人顔の、このカワイイお姫様のいったいどこに血が流れているのかというようなハゲジジイです。

 

鉄砲で撃たれた信長、じいの所に戻ってきますが、このジジイこそ美濃のマムシさま(斎藤道三)、姫は濃姫だったことがわかります。

 

いきなり敵陣に乗り込んで濃姫に夜這いしてた信長。

 

平手政秀はわなわな怒りますが、

 

信長「そうおおげさにとるなよ。それにな、道三のむすめ、ちょっとカワイコちゃんだったぜ」

 

妹子「ウケる。カワイコちゃんて何www」

 

信長の「おれもそろそろ、よめでももらうかな」の一言により、結婚が決まりました。

斎藤道三は、夜這いに来たのが信長だったことを気付いている様子。

どんだけだよ!

というのは置いておいて、まんがとして、フィクションの筋立てがとても面白いです。

 

ちなみに信長、濃姫に向かってはっきり、平手のじいを結婚に向けて動かしたのはおれだ、と言ってます。

 

信長「ひとめぼれってやつかな。はっはっは」

 

ここでの濃姫の反応がすごくカワイイです。

「おぎょうぎの悪い人!」と顔をしかめて、「ふん!」とそっぽをむいたり、でもひとめぼれとか言われると、ツンとしたままで赤くなってたり、可愛い…。

 

 

この内容で、この鉄板さで大河やって欲しいです。

 

 

 

f:id:WhichBook:20210209042556j:plain

 

whichbook.hatenablog.com

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

織田信長: 天下統一をめざした武将 (学研まんがNEW日本の伝記) (日本語) 単行本 - 2014/7/29 田代 脩 (監修), 山田 圭子

天下統一をめざした尾張の戦国武将・織田信長の一生を描いたオールカラーの学習まんが。巻末には、その人物が生きた時代の背景や、その人物に関する詳しい資料を掲載して、まんがの内容がより深く理解できるようになっている。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

小学館版 学習まんが人物館 織田信長 (小学館版学習まんが人物館) (日本語) 単行本 - 2012/7/17 小和田 哲男 (監修), トミイ大塚

戦国の時代をかけぬけた尾張の風雲児。小学生に大好評の【学習まんが 人物館】シリーズ、44冊目の最新刊は、戦国武将の代表格・織田信長の伝記まんがです。

 

 

 

 

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

クルミわりとネズミの王さま かあちゃん取扱説明書 誕生日のおひろめドレス
名探偵カッレ 城跡の謎 星を知らないアイリーン うみぼうやとうみぼうず
かたあしだちょうのエルフ しんせつなともだち いいおかお

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング