~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

閑話 読み聞かせの特集「この本読んで! 79号(2021夏号)」

閑話です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

この本読んで! 79号(2021夏号)

絵本と読みきかせの情報がぎっしりの季刊誌。読みきかせボランティアの方や、司書、保育園・幼稚園の先生方に大好評!

 

 

いつも得る情報が遅いです。
いまさら、こんな雑誌を手に入れて、にやにやしながら見ていました。

 

この2021年夏号(第79回)は、読みきかせ完全ガイドとのことで、とてもよい特集でした!

 

(もう秋号が出ているかと思います)

 

判断が遅い!

 

とても細かく紹介していて、とても参考になりました。

 

ちょっとだけへえ~!と思ったのが、読み聞かせをする場所です。

 

学校、書店はなるほどだったのですが、
「病院・福祉施設・特別支援の場などの場合」
というのがありました。

 

これが、病院にいる子どもたちだけではなくて、介護施設という場合もあるなと思いました。

ベテランの方がする読みきかせは、大人の私が見ていても楽しいです。
ちょっとした、芸能の域に達している人もいます。

 

おじいちゃん、おばあちゃんたち向けということもあるのかもしれないな、と思いました。

 

 

中川李枝子さんのインタビューがすばらしかったです。

 

「子どもたちにとっての読書はひとりひとり違うもの」

 

今の時代にあっても、大人は子どもたちが読みたいものを与えればいいかというと、そうでもないと思うわね。子どもの興味・関心に寄り添いながら、一緒になって読むこと。そのときの子どもの反応を観察すると、その子の性格も、長所も短所もわかるので、とても役に立つんです。

 

すすめられた本を読もうとしなくてもいいの。それぞれのおうちに、それぞれの本があっていい。どの家も同じような本が並んでいるなんてつまらないじゃない、自由なんだもの。

 

 

「それぞれのおうちに、それぞれの本があっていい。子どもはそれぞれ」

  

もう、これははるか昔(去年ぐらい)コロナ休校になる前のことです。

 

子どもたちが話していて、ひとりが鬼滅の刃にはまっていて、周囲にしきりとおすすめしていました。
しかし、おすすめされている方は、まったく興味がありません。
というか、むしろ嫌いなようです。

 

無表情だったり、困った顔をしたりしています。
挙句の果てに話をそらせようとしていました。
唐突に別の話をしようとするので、おすすめしている方が怒ってしまいました。

 

「血が嫌いって言ったって、血が出てるほかの話だって見てたじゃないー!!!」

 

かわいそうに…。
あんなに一生懸命おすすめしてるのに…。
(他人事とは思えない)

 

かといって、イヤなのを無理に読めなんてとても言えない!!
これは、自分の経験からしても、よーく、よーくわかります。

 

本当に本当に、子供達の趣味嗜好は実に多種多様です。

 

◇ 

 

中川李枝子さんのインタビュー、一方で、こうも書かれています。

 

「子どもが読みたいものを与えればいいかというと、そうでもない」

 

このひとことは、重いなと思いました。
正直、今の時代だと、子どもが読みたいものは限られてきてしまいますから…。

 

要は、幅広くたくさんの本を!ということなんだと思います。


漫画もいいけれど、児童書もまた、まったく違う世界を広げてくれますから。

 

中川李枝子さん、自分の戦争中の子ども時代によせてこんな風に書かれています。

 

世界はどうなっているのか、ほかの国の子どもたちはどういう生活をしているのかを知りたくて、古今東西いろいろな国のおはなしを読みました。それが、岩波少年文庫との出会いでした。 


岩波少年文庫と、福音館古典童話は、今も昔も、古今東西の名作をずっと発信し続けてくれています。

 

ぜひ親ごさんも一緒に、いや、お子さんよりも先に、読んで欲しいものです。(圧)

 

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

この本読んで! 76号(2020秋号)

古今東西、老若男女、ネコが好きな人は太古の昔から世界中にたくさんいます。だからなのか、ネコを描いた絵本もたくさん。ネコ好き編集部選りすぐりの愛すべきネコ絵本をご紹介。

 

ねこの特集だったので、何となく…。

 

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

朝びらき丸東の海へ 冒険者たち ガンバと15ひきの仲間 森は生きている
デイビッド・マックチーバーと29ひきの犬 地獄めぐり 鬼の大宴会 にじいろのさかな
いいおかお エルマーとりゅう 狐物語

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング