~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「ミリーのすてきなぼうし」

今日、ご紹介するのは絵本です。


この記事はネタバレもしていくことになりますので、未読の方はご注意ください。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

ミリーのすてきなぼうし
きたむら さとし (著)

おきにいりのぼうしがほしいミリーですが、おかねをもっていません。でも、ミリーはとびきりすてきなぼうしをてにいれました。ミリーだけのとくべつなぼうし!そのぼうしとは…。

 

ミリーは帽子屋さんに来ましたが、お金がありません。
欲しいと思った帽子のお値段。

 

「きゅうまんきゅうせんきゅうひゃくきゅうじゅうきゅうえん」。

 

買えないので、帽子屋の店員さんはちょっと考えて、「透明な帽子」を売ってくれました。

 

わたし「この帽子屋の店員さん、ちょっと顔が意地悪そうだから、あまりいいことしてる感じじゃないんだけど、あなたはどう思った」
妹子「よく噛まないなって」
わたし「何を」
妹子「きゅうまんきゅうせんきゅうひゃくきゅうじゅうきゅう」

 

 

しかしミリーは、ニッコニコのご機嫌で外に出ます。

この透明な帽子、ミリーがなにかものを見て、なにか考えるたびに、変化します。

 

孔雀のぼうし、ケーキのぼうし、お花屋さんを見たらお花の帽子、ケーキ屋さんの前を通ったらケーキの帽子!

 

それも、うずたかく積みあがったケーキです。
(おいしそうです)

 

公園では噴水の帽子。

 

そのうちに、道行く人もみんな、奇妙な帽子かぶっていることに気づきます。

 

これは想像力の帽子です。

 

妹子「透明な帽子を被りたいと思ったら透明になる。高級な帽子を被りたいと思ったら高級になる、ものじゃないものすら、帽子にできるのがいいかなと思いました(棒)」

 

無限にどこまでも変化するぼうし。

 

妹子「帽子に雲が浮かんで雨降らしてくれるかもしれないよ。植物が育つかも。想像すればそうなるから自由だよね」

 

2010年の1・2年生の課題図書だったようです。
シールがまだ貼られていました。

 

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

とてもすてきなわたしの学校
ドクター・スース (著), J・プレラツキー (著),
レイン・スミス (著), 神宮 輝夫 (著), Dr. Seuss (著)

学校のなまえはなんでもスクール。どこにでもある学校にみえる。ところが、それがちがっている。わたしたちはみんなこの学校がだいすき―。ゆかいな学校の先生たちのおはなしを韻文風に、ノンセンスに、そして楽しく語ります。

 

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

野の白鳥 赤い蝋燭と人魚 おんがくかいのよる―5ひきのすてきなねずみ
わたしのワンピース サム・ピッグだいかつやく おしいれのぼうけん
名探偵カッレ 城跡の謎 兎の眼 ちいさなきいろいかさ

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング