~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「やさしいライオン」

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

やさしいライオン
やなせ たかし (著)

『やさしいライオン』は最初にラジオドラマとして発表されたもので、その後絵本にしたもの。アンパンマンの作者やなせ・たかしさん作の絵本です。

 

図書館に行ったところ、「はなのすきなうし」が平置きされていました♡

 

whichbook.hatenablog.com

 

 

それから、まだ紹介していなかったかな、と手に取りました。
「やさしいライオン」

 

読み聞かせの定番です。

 

大型本も出ていますし、他の方が読んだ記録を見ていると、必ずと言っていいほど名前が入っています。

 

やなせたかしさんは、アンパンマンのアニメの印象が強いですが、絵本で見ると全く違っています。

 

あのアニメ上のタッチではなく、とても優しいふんわりとした彩色です。

人柄が偲ばれる、童話的な絵です。

 

 

みなしごのライオン、ブルブルはムクムクという犬に育てられます。

 

このむくむくとライオンの間に、血の繋がりはありません。
この絵で見られる二匹の表情は、実の母親以上に愛情いっぱいです。

 

犬らしいしつけもしますけど、やっぱり最後はおちちをあげてねんねです。

 

こちらの絵本では、おちちを飲んでいる姿が、ただぎゅう~っと抱っこしているだけの背中しか見えない、本当に可愛らしい感じです。

 

お母さんのムクムクがとても大きいいぬなので、抱っこされてる時の安心感がハンパないです

 

 

しかし、ライオンはライオン、どんどん大きくなりします

 

大きくなったブルブルは、育て親のムクムクと離れ離れになりますが、ある日ムクムクが危篤であるという話を聞きました。

 

檻を破り、家を壊して、ただひたすら走るライオン…。

 

盲愛なのかもしれません。
でも、その情熱は胸を打ちます。

 

母が子を思う気持ち、子が母を思う気持ちは、種族や、距離や、血のつながりといった垣根を越えて、何ものも引き裂けない、強い強い結びつきを持つこともあるのだ、と静かな感動を呼び起こします。

 

同じやなせたかしさんの名作絵本、「チリンのすず」と同じく、名作読み聞かせの一つです。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

チリンのすず
やなせ たかし (著)

狼のウォーにお母さんを殺された子ひつじは、ウォーの弟子になって強くなってかたきをうとうとがんばります。しかし…。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

はなのすきなうし
マンロー・リーフ (著), ロバート・ローソン (イラスト), 光吉 夏弥 (翻訳)

むかしスペインの国に、花のすきなフェルジナンドという子牛がいました。ある日、見知らぬ男がやってきて、闘牛場へ連れていきました。

 

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

五月三十五日 ねこのくにのおきゃくさま あのころはフリードリヒがいた
ガンバとカワウソの冒険 さかさ町 ものいうなべ―デンマークのたのしいお話
万葉集 かこさとし からだの本 全10巻 新編 世界むかし話集(9)アフリカ編

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング