~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「おばけのバーバパパ」 自然現象で生まれたけど生まれた時からパパなのはこれいかに

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

おばけのバーバパパ
アネット・チゾン (著), タラス・テイラー (著), 山下明夫 (翻訳)

姿を自由に変形できるおばけのバーバパパは火事場で大活躍して、町の人気者になります。世界各国で愛読された軽妙な傑作絵本。

 

 

フランソワくんが庭の花に水をやっていると、なにかが地中の中で大きくなっていました。

 

自然現象で生まれたのに、最初からパパって名前なのはこれいかに。

 

 

バーバパパというと、あの素敵な黒いママと、たくさんの子供たちがいるイメージだったけど、全然最初の話は普通の一人で最初から最後まで一人だった。

 

公式サイトによると、「バーバパパ」とは綿あめのことらしいです。

 

www.barbapapa.jp

なるほど、それでか!

パパという名前が先にあって、それで、パパならママもいるかも、というわけで二話、三話ができていったんだな。

なるほど、なるほど……。

 

 

フランソワとバーバパパは仲良くなったけど、お母さんは
「うちにおいておけません!」
まあそうだよね。

 

動物園から逃げ出したのに、見つけた園長さんは追い出してしまうと命令する。

 

わたし「なんかおかしくない」
妹子「おかしいよね、もう1回捕まえろよ」
なご「世にも奇妙な物語

 

珍しく、なご助が参加してる。
文句を言いつつも、優しい、コミカルな色合いと、素敵な街並みを堪能しながらすすみます。

 

いろんな形に変わることができるバーバパパ、でもなかなか理解されません。

 

友達が、欲しかっただけなのに…。
街をさまよい、寂しい生活を続けます。

 

火事の人々を助け、動物園から逃げ出したひょうを捕まえて、人気者になるバーバパパ

 

わたし「ひょうは戻されてるのにバーバパパは出て行けって…」

 

最後に、フランソワのうちでも、大喜びで迎えてもらえました。

 

うん?

 

最初に出ていけって言ったのに、人気者になったら受け入れる!こ、これは…!
手のひら返し……。

 

そこにツッコミを入れるような話でもないので!

(真面目に考察すると、たぶん何らかの評価を受けたとき、周囲の人の見る目も変わるというのは、ポジティブに捉えてもいいと思うのです)

 

柔らかくて優しい絵柄で、やっぱり美しい街並みです。
そして、バーバパパが、今度は何に姿を変えるのかな、と楽しみになります。

 

 

二作目、三作目と読んでみると、探したにもかかわらず、ママも自然現象で生まれていたんですね!!

 

実は彼らは、綿菓子風の植物なのか…謎です。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

バーバパパたびにでる
A・チゾン (著), T・テイラー (著), 辻村 益朗 (著), 山下 明生 (翻訳)

なんにでも変身できて、やさしいバーバパパ。でも、バーバパパには家族がいなくてさみしいのです。そこで、バーバママになるひとをさがしに世界旅行に出発します。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

バーバパパのいえさがし
A・チゾン (著), T・ティラー (著), 山下 明生 (翻訳)

バーバパパとバーバママが結婚して、7人の子どもたちができました。みんなで暮らせる新しい家をさがしますが、なかなか見つかりません。

 

 

 

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

ぽんこつ オズの魔法使い 新イラスト版 だれも知らない小さな国
トムは真夜中の庭で ぼくがゆびをぱちんとならして、きみがおとなになるまえの詩集 トキメキ夢文庫 少女ポリアンナ
風にのってきたメアリー・ポピンズ オデュッセイア物語 ロボット