「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「ウミネコとヤマネコ」

今日、ご紹介するのは児童書です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

ヤマネコとウミネコ

野中柊 (著), 姫野はやみ (イラスト)

父さんにつれられ、はじめて海へ行ったヤマネコの兄妹ヤンとネネ。友だちになったウミネコからもらった青い扉。カギがかかってしまったふしぎな扉の前で兄妹が毎日遊んでいると……。山と海のいのちが響き合う、奇跡の物語。

 

2016年発売なので、かなり最近の作品といっても良いです。
きちんと文字で表現したハードカバーの物語、本として発売してくれた児童書。
とても嬉しく読みました。

 

この本、わたしは大好きです。心に残りました。
包み込まれるようにあたたかく、優しい世界です。

 

ただ、子どもにはどうか?

大人だから読んでとても好きだと思った本かもしれない…という気はちょっとだけ、しました。

 

子どもはフーンという感じで1度読んで手に取ろうとせず…。
すすめた子もフーンという感じで…。

 

しかし、それでもいいじゃないですかねえ!?
大人が読んでいいと思った、おとなのためのやさしい児童文学、それでいいと思います。
そういう枠があっても良いです。
幅があるべきです!

 

精神性が高く、すべてがやさしい夢の中の出来事のようです。

なので子どもには難しいのかもしれません。

 

面白くワクワクする、子どもたちを「読書の世界」へと導いてくれる児童書が欲しい...というのにしては、ストーリー性が確かにちょっと足りないのかもしれません。

 

しかし、そのやさしいふわっとした世界感がわたしはとてもとても好きでしたので自信をもっておとなの方におすすめします!

 

そして、この美しい海と文章にたゆたう、まるで羊水に漂う子どもたちが見ている夢のような世界を、いいな、と思ってくれるお子さんもきっといるのではないか、と思いました。

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

ウォーターシップ・ダウンのうさぎたち 大きな森の小さな家 小さいおばけ
ふしぎなたいこ ちいさなあなたへ おとうさんの庭
ミオよわたしのミオ おしっこちょっぴりもれたろう 十二支のはじまり

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング