「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

力をこめた紹介記事☆超絶☆名作☆

今日の一冊「チョコレート戦争」ふたたび

最近、子どもがお友達と再読をはじめました。その結果、以前よりもハマってしまって、毎日毎日これの話をしてきます。 まるで鬼滅の刃のようです。

今日の一冊「森は生きている」

サムエル・マルシャークの超有名な戯曲です。 子どもを演劇の魅力の世界に運ぶには、実にぴったりの一冊です。

大人が読む児童書「グリックの冒険」2 読了です。

さてグリックは、クマネズミとドブネズミ(ガンバ側)の争いに巻き込まれます。

大人が読む児童書「グリックの冒険」1

「冒険者たち~ガンバと15匹の仲間たち」を読んで、とても面白かったので、他の作品も読んでみることにしました。

ファンタジーの名作「プリデイン物語」

たくさんのファンタジー作品の名作がある中で、子どもに読ませたい、読んで欲しい作品として、私はこのロイド・アレグザンダーの「プリデイン物語」シリーズをあげます。

トム・ソーヤーのゲス男認定はJARO案件か?

果たしてトム・ソーヤのエミーに対するゲス的裏切り行為は、子供向けの本ではいったいどう訳されてるのか?を考察してみました。

今日の一冊「点子ちゃんとアントン」

ケストナーの傑作です。 主人公の点子ちゃんは本当に変わった子です。

大人が読む児童書「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」 3 読了しました。

Amazonプライムのガンバも見てみようと思っているのですが、とりあえず、読了後の雑感です。

大人が読む児童書「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」 2

さてガンバの冒険、続きです。 アニメ情報を見る限り、15ひきもいるわけではないのですね。

大人が読む児童書「冒険者たち ガンバと15ひきの仲間」 1

このお話、名前は知っていて紹介もしたかったのですが、読んだことがありませんでした。 そして、1975年のテレビ版「ガンバの冒険」も見たことがありませんでした。

今日の一冊「百まいのドレス」

「岩波の子どもの本」シリーズは本当に名作ぞろいでした。 これもその中の一冊です。以前は「百枚のきもの」という名前でした。

映画の世界から、「メアリー・ポピンズ」の哲学の世界へ

映画とは違って、厳しく笑わないナースのメアリー・ポピンズ。その原作の世界とは…

今日の一冊「くいしんぼうのあおむしくん」~エヴァンゲリオンが言いたかったこと

今日、ご紹介するのは絵本です。 >力をこめた紹介記事☆超絶☆名作 >今日の一冊 軽くご紹介 *この記事は「くいしんぼうのあおむしくん」及び「エヴァンゲリオン」のネタバレを含みます。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ 今日の一冊 くいしんぼうのあおむしくん 槇 ひろし (著), …

「くまの子ウーフ」絵本から本へ

教科書にも入っている「くまの子ウーフ」は、絵本→児童書に移動するのに最高の本。

~ワクワク・ハラハラ・そしてゲス~「トム・ソーヤーの冒険」

もはや紹介する意味があるのかどうかもわからない有名作品「トム・ソーヤーのぼうけん」です。

読まれ続ける理由「チョコレート戦争」

「チョコレート戦争」! 本屋さんにもありました。大好きな本です。

山室静氏編「世界昔話全集」(1)イギリス編

自粛生活で今夜も図書館も開いていない状態で、子供たちによみ聞かせをしたい時のおともに…。

今日の一冊「ツバメ号とアマゾン号」

「ゆるキャン△」がゆるい感じのキャンプだとすれば、こちらは「はどキャン△」です。

今日の一冊「オンネリとアンネリのおうち」

とても可愛らしいお話です。 少女の夢がいっぱいつまっています。

~クソガキの極み だけどかわいい~「ロッタちゃんとじてんしゃ」

今日、ご紹介するのは、かなりしっかりしたページ数の多い、「本型の絵本」です。

今日の一冊「ジェイン・エア」

今日、ご紹介するのはあえての大人小説です「ジェーン・エア」

~独占欲の行く末は~サマセット・モーム「九月姫とウグイス」

今日、ご紹介するのは絵本と児童書の中間にあたる絵本です。 「九月姫とウグイス」

~兄と妹~ ローレン・チャイルド「ぜったい~しないからね」シリーズ

今日、ご紹介するのは絵本です。しかも三冊。 「ぜったい~しないからね」シリーズ

~可愛いは正義!から大切なことへ~「あおいめのこねこ」

今日ご紹介するのは、 「あおい目のこねこ」 たいへんかわいらしい絵本です。

子供が大激論「若草物語」

これは誰に教えてもらえなくとも有名な「若草物語」 ※この記事は、「続・若草物語」に関する多少のネタバレを含みますので、読んでいないかたはご注意ください。

「きんいろきつねのきんたちゃん」~虚飾の世界への目~

明るく楽しくきらびやかな世界の醜さを鋭く風刺する一冊。

~自立への旅立ちを物語で~「あるきだした小さな木」

自由へのもがき、独立へのあこがれ。フランスの美しい物語

本の世界への入口「おしいれのぼうけん」

大ベストセラーであり、日本児童文学界の金字塔。絵本から本の世界への入口

「ウォーターシップダウンのうさぎたち」それはまさにうさプリ~新・うさぎの王子様!

刀剣男子顔負けのかっこよさ、硬派なイケメンうさぎたちのロードムービー・ストーリー

文字の色が見える「はらぺこのえんそく」

白黒の文字の中から浮かび上がる赤・青・黄色の鮮やかな色~「はらぺこのえんそく」