「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」読解力を身に付ける ~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

「きんいろきつねのきんたちゃん」~虚飾の世界への目~

明るく楽しくきらびやかな世界の醜さを鋭く風刺する一冊。

道徳と哲学、読解力の先にあるもの

心をこめて紹介しすぎて、力が尽きてきました。 どれもこれもあまりにも名著なために、こんな陳腐な言葉ではとても言い表せない…!と試行錯誤しすぎました。 もうちょっと気軽に投稿すべきなのか? それとも、これは、日々の日常も投稿するべきなのか…? と…

~自立への旅立ちを物語で~「あるきだした小さな木」

自由へのもがき、独立へのあこがれ。フランスの美しい物語

Twitterで見つけました。路地裏bookshelf

可愛らしい路地裏bookshelf

本の世界への入口「おしいれのぼうけん」

大ベストセラーであり、日本児童文学界の金字塔。絵本から本の世界への入口

「ウォーターシップダウンのうさぎたち」それはまさにうさプリ~新・うさぎの王子様!

刀剣男子顔負けのかっこよさ、硬派なイケメンうさぎたちのロードムービー・ストーリー

文字の色が見える「はらぺこのえんそく」

白黒の文字の中から浮かび上がる赤・青・黄色の鮮やかな色~「はらぺこのえんそく」

最近の児童書も負けていない「アクビちゃん ゆめであそびましょ!」

原作アニメを下敷きにした低年齢層向けの児童書の佳作。

本物は、古びない。

「子どものための1000冊の本」~どんな本が紹介されているのか?さらっとご紹介

キプリング「ジャングル・ブック」 あなたの推しを見つけよう

熊のバルー、黒豹のバギーラ。ニシキヘビのカーや悪役シーア・カーン。あなたはどれを推しますか?

ニュース二つほど

おすすめしたい本はたくさんあるのですが、準備中でございます。 注目したニュースを記事にしてみました。 dot.asahi.com 中国で売れているのは、嬉しい限りです。 絵本にあわせて、児童書もたくさん翻訳して頂きたいと思います。 きっと、売れることと思い…

「くまの子ウーフ」絵本から本へ

教科書にも入っている「くまの子ウーフ」は、絵本→児童書に移動するのに最高の本。

「がんばれヘンリ―くん」手に取りにくい、それでも読んで欲しい。

抱腹絶倒、爆笑ものの一冊、「がんばれヘンリ―くん」

~女子に絶大な人気~「もしゃもしゃちゃん」

わたしはもしゃもしゃちゃんよ!女子に絶大な人気を誇る、マレーク・ベロニカの傑作絵本。

読解力を培うとは

読解力とは、訓練によって身に付くもの。子供は本を自分から読むようになるわけではありません。

「大きい一年生と小さな二年生」元祖ツンデレのギャップ萌え

本当のツンデレとは、テンプレではない。「大きい一年生と小さな二年生」初恋の思い出をくすぐる元気少女、あきよちゃんの魅力

「チポリーノのぼうけん」 生きて泣いて笑う悪役

既得権益をぶったおせ!たまねぎ少年チポリーノとそのゆかいな仲間たち。冒険と戦いへのいざない。

「銀のほのおの国」神沢利子 ~ゲーム好きの子に捧ぐ~

ストーリー性の強い、非常にすぐれた日本製ファンタジー児童文学の決定版。

「いやいやえん」中川李枝子

子どもたちに届けたい、「最高級のもの」子供目線からのシンプルな面白さ。

映画の世界から、「メアリー・ポピンズ」の哲学の世界へ

映画とは違って、厳しく笑わないナースのメアリー・ポピンズ。その原作の世界とは…

何を読めばいいの?

学校で、塾で言われる「読解力を上げるためには読書」では、何を読めばいいのか?

「いないいないばあ」松谷みよ子 ~「本当に良い」本を求めて~

松谷みよ子「いないいないばあ」本当に良い本とは何なのか。

ブログをはじめました。

わたしの手元に、一冊の古い古い本があります。 「子どものための1,000冊の本 ~どの本読もうかな?~ 」 この本が与えてくれた読書の喜びを 次世代の子供たちにも広めたいと思い、ブログを作りました。 これからよろしくお願いします。 にほんブログ村…