「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

読解力を培うために

今日の三冊・つばさ・みらい・青い鳥から

今日は三冊まとめてご紹介します。 コロナ休校にあわせて、ご紹介にもちょっと力が入ってます。

児童書の復権を・児童書おすすめリスト

またまたnoteのブログ記事になりますが、このような児童書おすすめリストを作成しました。

道徳と哲学、読解力の先にあるもの

心をこめて紹介しすぎて、力が尽きてきました。 どれもこれもあまりにも名著なために、こんな陳腐な言葉ではとても言い表せない…!と試行錯誤しすぎました。 もうちょっと気軽に投稿すべきなのか? それとも、これは、日々の日常も投稿するべきなのか…? と…

本物は、古びない。

「子どものための1000冊の本」~どんな本が紹介されているのか?さらっとご紹介

読解力を培うとは

読解力とは、訓練によって身に付くもの。子供は本を自分から読むようになるわけではありません。

何を読めばいいの?

学校で、塾で言われる「読解力を上げるためには読書」では、何を読めばいいのか?

「いないいないばあ」松谷みよ子 ~「本当に良い」本を求めて~

松谷みよ子「いないいないばあ」本当に良い本とは何なのか。