「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

旧版 学研まんが 「織田信長」 1

今日、ご紹介するのは児童書です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

学研まんが人物日本史 織田信長 乱世の戦い
中島利行 (イラスト), 樋口清之 (編集) 形式: Kindle版

[書籍版巻頭・巻末資料は電子版では未掲載です]新兵器・鉄砲をたくみに使った織田信長は、戦国大名たちをつぎつぎとたおし、室町幕府をもほろぼして、天下統一を目指した。しかしその途中、明智光秀に殺された。まんがで楽しく学べる一冊。

 

 

いつか紹介しようしようと思っていたのですが、タイミングよく大河が終わったところなので・・・・

 

といっても、最近は昔なら考えられない「明智光秀」まんが人物伝も、出ているのですが、そうではなくて、むかしなつかしの旧・学研まんが「織田信長です。

 

昔の学研まんがは、ありえないほどの勢いとストーリーがあって、はっきりいってトンデモでしたが、その代わり、強く印象づけるものがありました。


中でも「織田信長」は相当に強烈なインパクトがあり(ほかのもすごいですが)、ぜひ紹介したいと思っていました。

 

今、kindleで読めるのを発見して、とても嬉しく思います。
巻頭・巻末の資料はないというのが残念ですが…。

 

織田信長の漫画などは、普通の漫画でたーーくさん、面白いし筋立ても奇抜なものが出ていますので、わざわざ教育まんがを詠まなくとも、と思うのですが、この旧版「織田信長」は特別です。

 

このkindleの画面だとわかりにくいのですが、この信長、目がキラキラの、何というか…味のある漫画顔です。

 

うちの本です。もうボロボロです。

f:id:WhichBook:20210209042556j:plain

 

 

内容は基本、テッパンの織田信長イメージをなぞっているのですが、特徴として

 

濃姫とのロマンスと絆
・秀吉は別にお市に執着しておらず、むしろ浅井を気遣っている。
・光秀があまり悪役に描かれていない。(濃姫とも知り合い)
・光秀と秀吉のライバル関係がしっかり描かれている。
・饗応役解任は描かれているが、腐った鯛エピソードはない。

 

などでしょうか。
細かい所も非常にしっかりしていて、なおかつ、濃姫とのステキな関係がとても良いです。

 

 

わたし「妹子妹子、これ読んでほしいんだけどな。すごいから」

 

妹子「うーん、わたしちょっとこの絵はにがて…。受け付けないかも…」

わたし「わかる!私もこのまつげ長そうなキラキラ顔の信長はないって、最初は思ったんだよ!でも強烈なの。ネタとして読んでみて」

 

妹子、読んだらハマってしまいました。

 

妹子「何だこれ、面白いわ…。カワイ子ちゃんて何だ…ウケる…」

 

でしょ!(得意そう)

 

というわけで、ちょっと時間がないのでここまでにしておきますが、明日からこの旧版・学研まんが「織田信長」を紹介してみたいと思います。

 

 

whichbook.hatenablog.com

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

織田信長: 天下統一をめざした武将 (学研まんがNEW日本の伝記) (日本語) 単行本 - 2014/7/29 田代 脩 (監修), 山田 圭子

天下統一をめざした尾張の戦国武将・織田信長の一生を描いたオールカラーの学習まんが。巻末には、その人物が生きた時代の背景や、その人物に関する詳しい資料を掲載して、まんがの内容がより深く理解できるようになっている。

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

小学館版 学習まんが人物館 織田信長 (小学館版学習まんが人物館) (日本語) 単行本 - 2012/7/17 小和田 哲男 (監修), トミイ大塚

戦国の時代をかけぬけた尾張の風雲児。小学生に大好評の【学習まんが 人物館】シリーズ、44冊目の最新刊は、戦国武将の代表格・織田信長の伝記まんがです。

 

 

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

点子ちゃん ばばばあちゃんのマフラー よかったねネッドくん
あしながおじさん 長くつ下のピッピ クマのプーさん―Winnie‐the‐Pooh
こまったさんのスパゲティ) エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする ちょっとだけ

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング