~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「ばばばあちゃんのマフラー」

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

ばばばあちゃんのマフラー

さとう わきこ (著, イラスト)

冬のある日、ばばばあちゃんは、風邪をひいたお月さんに自分のステキなマフラーをあげる約束をします。ところが、次々にいろんな出来事が起こり、とうとうそのステキなマフラーはボロボロになってしまいました。

 

さとうわきこさんの、ばばばあちゃんシリーズの中の一冊です。

ばばばあちゃん」のお話はどれも、ばばばあちゃんの台詞で成っていますが、それがうたうように、詩のように言葉がつづられていきます。

 

この本は、マフラーをおつきさんに上げる約束をするのですが...。

 

実際は、おつきさんはほったらかしにされたまま、マフラーは二転三転、色んな人(動物)、いろんな場所に、いろんな用途で使われながらあちこちをめぐりめぐっていきます。

最後はボロボロになって、ばばばあちゃんは編みなおし、無事におつきさんのもとに届けられます。

 

この絵本、うたうような言葉に合わせて、マフラーの変化が面白いです。

月が変化していくようにマフラーの持ち主も、用途も変化していき、最後は丸くおさまるという、きれいな終わり方です。
四季の巡りが本のページをめくりながら変わっていく様子も素敵です。

 

途中で、「おつきさんどうなった...?」と思わないこともなかったのですが(笑)、ゆったりと時は流れます。

 

子供たち、大好きな一冊です。

 

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

科学と科学者のはなし ジェインのもうふ ふしぎなたいこ
げんきなマドレーヌ くまのがっこうシリーズ(既12巻) コッペパンはきつねいろ
バルバルさん チポリーノの冒険 しょうぼうじどうしゃじぷた

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング