「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「だめよ、デイビッド」

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

だめよ、デイビッド

デイビッド シャノン (著), 小川 仁央 (翻訳)

おふろでさわぐ、おもちゃはちらかす。どろんこで家に入っちゃう。そのたびにママは、「だめ!だめ!だめよ!」ってばかり。でもママは、ほんとうはデイビッドをね…。(「MARC」データベースより)

 

読みきかせでよく使われている、デイビッド絵本です。

だめよ・がっこうへいく・やっちゃった
の三冊、デイビッドシリーズです。

 

まあ、いかにもやんちゃな子供といった感じの、よく見るいたずら小僧なのですが、人によっては、このデイビッドに注意欠陥障害を想起する方もいらっしゃるようです。

 

苦しんでいたり、人の目を気にしたり、生きづらさを心配されるたくさんのママさんがたがいらっしゃる中ではありますが、結局は子どもであれば、このような一面は大なり小なりみんな持っている傾向でもあるという事実もまた、忘れないようにしたいと思います。

 

成長によってその差が埋まる度合いもまた人それぞれという事なので、専門家に相談される大切さはもちろんでありながら、長い目で見守ることの大切さを思います。

 

これは、ガミガミ怒られている子どもの立場にたち、気持ちに寄り添う本です。

さいごにいつも、あたたかく大人の愛がデイビッドを包みます。

読んでいるこちらもほっとする気持ちです。

 

「だめよ」は親。
「がっこうへいく」は先生。

そしてシリーズさいごの「やっちゃった」は、デイビッド自身のことばで語られます。

 

常に責任転嫁。自分が悪いんじゃなくて、「ボールが勝手に窓に飛び込んだ」、などと主張する、まさに子どもあるあるです。

 

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

デイビッドがっこうへいく

デイビッド シャノン (著),小川 仁央 (翻訳)

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

 

デイビッドがやっちゃった!

デイビッド シャノン (著), 小川 仁央 (翻訳)

 

 

 

No, David!

David Shannon (著, イラスト) 形式: Kindle版

 

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

クマのプーさん かんどうのめいさくえほん そらいろのたね
いちごばたけの ちいさなおばあさん エルシー・ピドック、ゆめでなわとびをする とべバッタ
ひみつの花園 おしいれのぼうけん デイビッド・マックチーバーと29ひきの犬

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング