~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「ラチとらいおん」

 

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作カテゴリーリンク

>今日の一冊 軽くご紹介 カテゴリーリンク

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

ラチとらいおん

マレーク・ベロニカ (著, イラスト), とくなが やすもと (翻訳)

 

「せかいじゅうで いちばん よわむし」の男の子、ラチ。犬がこわいし、暗い部屋がこわい。友だちさえも、こわい。そんな彼のもとに、ある日小さくて赤い「らいおん」が現れた。「らいおん」に鍛えられて、どんどん強くなっていくラチ。

 

 

読みきかせに行ったとき、ある子どもさんが走って来て訴えました。

「らいおん!ライオンの話が見つからない!」


ぱっとライオンと聞いて思いつくのは『王さまのめがね』ですが…?
でも、あれは割と長いお話だし、読んでいないはずなので違うか。

 

「やさしいライオン」

 

やなせたかしさんの名作です。
大型本があるのでよく読み聞かせに使います。

 

「大型じゃない。小さいの。あれがないとダメなの!今、あれがいるの~~!」
「分厚いやつかな?」
「薄いやつ。男の子が出てきて、らいおんの話!最後いなくなるの」

 

「あー、もしかして『ラチとらいおん』かな?」
「そうそれー!!!」

 

その子は、だーっと走っていきました。

 

マレーク・ベロニカのラチとらいおん。
読みきかせの定番です。

 

読み聞かせするほうもみんな大好き、ラチとらいおんです。


「いまどうしても必要なの!」
その気持ち、よくわかります。

 

 

 

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

バムとケロのにちようび よるくま ジェインのもうふ
ゆめくい小人 そらいろのたね リンゴ畑のマーティン・ピピン
十二支のはじまり イワンのばか まりーちゃんとひつじ

 

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング