~珠玉の児童書~

~珠玉の児童書の世界~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「バルバルさん」

今日、ご紹介するのは絵本です。
(今日は昔なつかしの淀川長治風でお送りしたいと思います)

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

はい、またお会いしましたね、みなさん。

今日はですね、読みきかせでもね、よく使われている一冊をね、またね紹介したいと思います。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

バルバルさん

乾 栄里子 (著), 西村 敏雄 (イラスト)

バルバルさんは、町の床屋さん。毎日楽しく働いていますが、ある日、ライオンが、たてがみをきれいにしてほしいとやってきます。次にワニが毛をはやしてほしいと、ヒツジがプードルみたいにしてほしいと、次々に動物のお客さんがやってきました。初めはびっくりしていたバルバルさんも、だんだん楽しくなって注文にこたえていきます。夕方、店を閉めようとすると、看板にいたずら書きが……。

 

バルバルさんですね。

これはね、とても有名な本ですね。
でも何なのかなって、あえて手に取らない方もいるんじゃないでしょうか。
本屋さん、それから図書館で見かけてね、ぜひ手にとってもらいたいですね。

 

バルバルさんはね床屋さんです。
それがね、とつぜん動物のお客さんがぞろぞろとやってくることになったんですね。
バルバルさん、びっくりします。

 

最初はね、ライオンでね、これはたてがみを整えてなんとかなりました。

次にやってきたのはね、何とワニです!

ワニ、つるつるですね。
どうしたらいいのかって悩みますね。
どうしようもありません。

 

お話だけじゃなくてね、絵がね、とってもやさしいです。
低学年の読みきかせにね、よく使いますがね、みんなワニを見ると口々にね言いますね。

 

「は?無理」
「できるわけないじゃん」

 

バルバルさん、うまいですね。
かつらをワニに紹介しました!

 

こうやってね、何匹もどうぶつがやってくるわけですがね、バルバルさんは誰一人追い返したりいたしません。
どうしてこんなことになったのか、そこにはからくりがあるわけですがね。
それは見てのお楽しみにいたしましょう。

  

それではみなさん。
さよなら、さよなら、さよなら。

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

ごろごろにゃーん まぼろしの小さい犬 ぼくは王さま
どんなにきみがすきだかあててごらん クリスマス・キャロル 小川未明童話集
こひつじまある せいめいのれきし そらいろのたね

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング