「本好きは作るもの」読解力を身に付ける~珠玉の児童書~

「本好きは作るもの」~珠玉の児童書~

学校で塾で、読解力を身に付けるには本を読め、と言われる。ではいったい、どの本を読めばいいのか?日本が、世界が誇る珠玉の児童書の数々をご紹介。

今日の一冊「つみきのいえ」

 

今日、ご紹介するのは絵本です。

 

>力をこめた紹介記事☆超絶☆名作

>今日の一冊 軽くご紹介

 

 

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

 

今日の一冊

 

つみきのいえ
平田 研也 (著), 加藤 久仁生 (イラスト)

うみのなかにわすれものをとりに。国際アニメーションフェスティバル最高賞アニメの絵本。

 

 

パステル調のやさしい絵、やさしい内容です。
どちらかというと、大人に語りかけるような内容ですが、おとなにはしみじみとくるでしょうし、子どもには人の一生というものを、やさしく、ふんわりと教えます。

 

もともとはアニメ作品なのですが、静止画になった絵本にすることで、また違った味が出ています。

 

読みきかせをするとき、子どもたちに感動を押し付けることは出来ませんが、このパステルの世界の色彩が、心をほっとやわらげてくれればいいな、という風に思って読んでいました。

 

このような、ふんわりとやさしい作品とあえてここで
よかったねネッドくん」のような、はっきりとした色の、しかもまるで意味のわからないナンセンスものを組み合わせたりします。

 

よかったねネッドくん
レミー チャーリップ (著), 八木田 宜子 (翻訳)

よかったね!(FORTUNATELY!)びっくりパーティーにしょうたいされ、ネッドくん、ニューヨークからとおいフロリダへしゅっぱつしたのはいいけれど…。いいことわるいこと、なんだかどんどんネッドくんにふりかかる。さあ、ネッドくんはぶじパーティーにたどりつけるのかな。(「BOOK」データベースより)

 

先日、スリランカスウェーデン、アフリカと三冊の絵本を紹介しましたが、国も作風もまるで違うものを三冊用意すると、それはもはや世界です!

 

(厳密に言うと、ヤクーバとライオンはフランスの作品なんですが…)

 

組み合わせ方法は色々あって、例えばロシアものでそろえる、アラビア圏でそろえる、などしても面白いです。

 

スリランカ

whichbook.hatenablog.com

 

スウェーデン

whichbook.hatenablog.com

 

アフリカ

https://whichbook.hatenablog.com/entry/2020/10/21/123000

 

 

【e-hon】 ─ ネットで予約、本屋さんで受け取れる e-hon サービスで本屋さんを応援しよう📚️

 

児童書の復権を(note記事)

おすすめ児童書リスト(note記事)

 

子どもの本だな【広告】

さすらいのジェニー 新版 宿題ひきうけ株式会社 メリサンド姫: むてきの算数!
ヤマネコとウミネコ 大きい1年生と 小さな2年生 マチルダは小さな大天才
ダイドーと父ちゃん ロビンソン・クルーソー やまなし (ミキハウスの絵本) 大型本 - 2006/10/1 宮沢 賢治 (著), 川上 和生 (イラスト)

 

にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村


児童文学ランキング